徒然日記

全ては自己

政府から緊急事態宣言が発表されました。世界よりは柔らかな言い回しです。

これにより、日本主要都市ではGW明けまでほとんど全てが中止・自粛です。

名古屋と札幌は出てませんが、増えればまた追加されるでしょう。怖い怖い。

僕がいま最も怖いのは、先々週辺りからススキノも多少人が戻り、

本州からの飛行機で札幌に入ってくる人がメチャ多くなってきているからだ。

居酒屋にも普通に飲みながら宴会したり、ラウンドワンやカラオケボックスでも

若者が賑やかだ。女性店こそ、自分が今は行かない様にしているのでわからない

が、密閉・密集・密接の3密禁止な夜の飲食店自粛にしては混んでいる気がする

ここに、何も楽しみが無くなった本州からの人々が癒しで札幌にワンサカ来ると

多分、大変な事になってしまうだろう。まあ、食と観光が北海道の魅力。

「北海道は広いからコロナもうつらないでしょ(笑)」そんな怖い声も聞く。

シーズンが終わったニセコ。弊社もガスでお世話になったので、ご挨拶回りに。

来シーズンはこのエリアの規模縮小も考えている。インバウンド次第で調整。

北海道が安全だとしても、世界中の感染が収まらないと始まらない事も多い。

帰り、地方でお寿司をいただいた。各地方の飲食店は、普通に人の出入りも多く

なかなか賑やかだった。これは札幌でも当てはまる。ススキノなど中心部は悲惨

だが、それぞれの地域の美味しく有名な店は、普通に人気もあって混んでいる。

全ては自己判断であり、自己責任。しかしながら、自己というよりは自主が良い

自主的に判断し、自主的に行動し、自主的に結果を出す。

体育館もやってない、ジムは危険。なら寒いが野外を走ろう。人の少ない時間に

会合できない、会議が怖い。なら、オンラインやメールのみで。それでいい。

以前から、会議というものは話も進まず時間ばかりで無駄に思えていたので、

このコロナを機に、世の中も色々変化していくことも良い事だと思う。

これはビジネスも同じ。コロナの影響をまともに受ける業種もあれば、

何も困らない業種もある。しかしながら、不況というのは全ての業種に関わる。

弊社でも、進める事業、中止する事業、この数日でたくさんのビジョンを立てた

お陰様で、燃料店としてのこれからの方向性を導き出してからおよそ10年、

本業はぶれずに、無駄を削り、資本力を高め、リスク分散で安定させる。

小さいが、多くの種を蒔き、芽も出し始め、色々な業種のユーザーから支持を。

もしも何かに偏った仕事をやっていたら、今はもっともっと厳しい状況だった。

今はどうしようもない。弊社のビジネスでコロナ特需なんてありえない。

でも、これが終息したのち、改めて必要視される分野にエネルギーを提供する。

そんな中でも、経済は回っているので、拡大できる事業は加速させていく。

実際、3月そして4月に入っても、ガスボンベ需要は非常に多い。

電話やメールでの問い合わせや、新規契約も多く、この事業の未来は明るい。

今月はまだまだ寒い札幌だ。そして原油もさらに値下がりする。

この部門もまだまだ販路の道は数多くある。しかしながらリスクヘッジも重要だ

明るいニュースも飛び込んできた。2年越しで特許庁から商標登録許可が。

弊社のオリジナルマスコットキャラクターの「ぽりたん」と「がすぼん」。

時間とお金がかかったが、それ以上の嬉しさはある。

ユニフォームやノベルティに使う以外は考えていないが、今後なにかあれば。

ゆるきゃらブームは去ったので、今は考えも無いが、ドラクエ世代の私にとって

キャラの成長、特技、レベルなどをついつい考えてしまう。

進化系メタルポリタン LV32. 特技 イオナズン、激しい炎とか。

まあ、自粛自粛、仕事も縮小・・・そんなことばかり考えてたら、

コロナ鬱になってしまうので、今宵は近所の温泉ホテルへ。

勿論、混雑を確認して。 こちらにはありがたい事に、ガラガラなのでOK!

偶然、北ヨーロッパで仕事しているハンドボール時代の後輩に会い、

互いの成長、現在の状況、これからの未来を語り合った。

全ては自己であり、事故にならないように。

自主であり、自首にもならぬように。

早く平和な札幌、北海道、日本、アジア、世界中になりますように。

弥生の終りに

非常に大変かつ長かった今月も、もうすぐ終わろうとしております。

コロナウイルス感染、そして北海道スタートの非常事態宣言から一か月。

イベント、観光、飲食など、即座に影響を受ける業種や、これに付随する業種、

反対に日用品やスーパー、コンビニなどコロナ特需で売上数倍のウハウハなど、

本当に自他共に疲労感満載での一か月となったでしょう。が、まだまだ続くと。

弊社も大変なのは言うまでもありません。イベント関係での仕事がゼロ。

原油大幅下落で利幅が一時的に上がった瞬間もありますが、売上大幅ダウン。

それでも日頃のリスク分散や細かいエンドユーザー対応のお陰もあって、

何とか今月は乗り切れそうかなと。ただし、来月からの先行きは不安で一杯です

灯油シーズンが終わると、頼り処はLPガスの充填・レンタル・購入。

購買力低下や感染不安もあり、営業もなかなか大変な昨今です。

さらに、世界レベルでの感染拡大恐慌なので、流通も大変で物品不安。

イベントが4月もおそらく全て中止ですし、5月もおよそ中止。見込めません。

密集・密着・密閉・密会・内密・秘密・・・などなど禁止ということですので、

外出自粛や会合自粛などで大変な状態はあからさまです。

しかもそれに慣れつつある現状でしょう。外食産業や観光産業はしばらく悲惨。

自炊の他、出前や中食ブームに火が付き、スマホブームがそれを更に拍車です。

世界全体で大変な状況なので、大きな打開策は今のところありません。

まさかこんな事になるとは、こんな事を経験するとは・・・。

先行き不安からか、購買欲も失われ、必要最低限の生活を皆が求めます。

ということは、必要ない所から消えていくような感じです。

所謂、余暇・プラスアルファ・嗜好・娯楽などです。衣食住から外れる産業です

私は繁華街に住んでおり、それを目に見て分かる距離です。本当に悲惨。

しかしながら、郊外へ行くと、その実情は皆、あまりわかってない気がします。

マスクしない人も多いし、一般市民はサービス業の大変さをそこまで感じません

まあ、確かに札幌も繁華街以外はそんなに感染してませんし。

でも、こんな感じの食事で満足できるでしょうか? スーパーやコンビニの品で

ただ生活するのも寂しい限りです。せめてハレの日は外食したいものですね。

ただ、感染が怖い。流行ってますし。保健所も来ますし。隔離されますし。

そして感染力が強いし、薬も無い。致死率もまだまだはっきりしていない。

危険だから自粛とも言いたくないし、安全だから外出しようとは言えない。

自己責任で何でもとは絶対言えないし、とにかく今は全部禁止とも言いたくない

オリンピックも延期となり、おそらく全ての大小関わらずイベントは無くなり。

自己判断が全てのようなので、個々に出る出ない、やるやらないが争いはじめ、

どうやら要らないケンカや衝突も出てきそうな感じでしょう。怖い怖い。

しかしながら、仕事はしっかりしないといけません。

民間企業が経済社会を支えているという自負と、このリスクを早急に解決できる

のも我々だと思ってますので。国も一般市民も全て背負ってるんです。

だから頑張る、そんな意識です。負んぶに抱っこ。みんなで一緒に頑張る

皆さんのエールが必要です。弊社も今、本当に大変な苦境に立たされてます。

灯油注文を1回でもいい、ガスの供給や、ガスボンベの紹介でも良い、

営繕工事や商材販売でもいい、皆様、是非とも力を貸してください。


長い長い道のり

 コロナウイルス感染が拡大するにつれて、世界中が大問題へ。

非常事態宣言で外出禁止となり、自粛ムードで経済も大打撃中です。

火曜と木曜のガス充填日。通常なら数十本が並び、朝から大忙しなのですが、

コロナショックからイベント中止などで、ガス充填やガスレンタルが減少。

およそ90%ダウンです。売り上げがいつもの1割しかない、という感じです。

株価は大暴落。新聞は真っ黒です。ほとんどの企業が大ダメージです。

そんな中でも冷凍食品や日用品、薬関係を扱う企業はコロナ特需を。

原油も大暴落なので、灯油やガソリンを使用する家庭や企業は多少助かるかな。

外出を控えるので、暖房や調理での灯油やガスの在宅消費が伸びてます。

実際のところ、私も高齢者の母と、休校中の子どもたちと同居しているので

コロナウイルス沈静化の為、仕事以外の外出は控えるようにしてます。

地元ススキノなので、大変さが日々見て分かるし、仲間も多いのですが、

ススキノでのクラスターの話題がちょうど取り出たされ、周囲の目もあるので、

非常事態宣言を出した道と歩調を合わせるように努力してます。

会社を経営している身であり、スタッフの安全責任がある立場であり、

一家の長なので、これは致し方ない。

しかしながら、英国に留学中の娘が帰国することになり、空港へ迎えに。

こればかりは何よりも率先して動きました。自分より仕事より大事です。

安着祝いや、誕生祝い、全快祝いなど、たくさんのお祝いが重なったので、

ススキノのお店にテイクアウトを頼んで、自宅でお店の味を楽しみました。

普段は私一人がススキノで、会合や集まりで食事をする鮨ですが、

家族と団欒で楽しく美味しく出来るというのも、これはこれで良いものです。

ちょっと心配なのが、多くの人が今回のスーパーやコンビニ生活に慣れて、

外食から家食へシフトチェンジしてしまう人が多いのではないかということ。

人間は習慣の動物なので、普段のススキノに戻るのにまた時間がかかる。

ふと、そんなことを思いました。 あとは日本各地、そして世界コロナ情勢と、

これからどうなるオリンピック問題も、全て連結して景気と経済は進んでいくと

感じております。とにかく、前向きに希望を持って生きていくしかないですね!

大変な状況下でも、明るい兆しとなった、北海道の「緊急事態終了」宣言。

これで安全宣言ではないかもしれませんが、希望が湧いてきますね。

弊社でも嬉しい事が。販売開始をした軽量LPガスボトルが初の充填へ。

容器が回転し始めたということです。今年の夏に出来たら良いなと考えてた事が

予定より早く可能になったのです。これで、さらに多くの販売やレンタル、

そして拡販補充の仕入が出来そうです。しかしながら、先ずは景気と需要を

しっかりと見定めて、良い販路を築いていきたいと思います。

この軽量ガスボトル、自信持ってオススメしたい、絶対良い品なので。

コロナショック&新聞掲載

 弥生の始まりで日記を綴ろうと思ってましたが、予想通りの一大事の為中止。

豪華客船と雪まつりから始まったコロナ感染拡大も札幌から今や全国へ。

札幌で流行ると全国でも流行ると言われるファッションやグルメ、

トレンドやアンテナショップ。良い流行ならいいのですが、これはダメ。

しかしながら、今ある現状はどうしようもないので、良い未来のために、

札幌は勿論、日本全国みんなで歩調を合わせてウイルス沈静化を図りたいです。

弊社も2月後半から、3月4月5月まで見通しが立たず、各イベントが中止。

それに伴い、調理関係で使用されるイベントガスや充填など、

予定していた、数百万のLPガス売り上げが消えました。

今後も中止やキャンセル、使用量の著しい低下が予想されます。

しかしながら、コロナのせいばかりにしてはいられません。

多くのユーザーから支持されていなければ、主催者・使用者から、

イベントでの使用や、ガスレンタル、ガス充填だって無かったはず。

繁盛店はどんな時でも繁盛する、というか繁盛させる!

それが今の僕の考え。上を向いて笑顔で生きる。歯を食いしばってでも。

明るく元気に前向きに。何事も人のせい、コロナウイルスのせいにしない。

今はそう誓いました! そう決めたら、前進しかありません。

ススキノもインバウンドが消え、バブルが去ったような閑散とした雰囲気。

これは今は仕方ないし、これからもっともっと厳しくなる事も想定されます。

ススキノコロナ感染も彼方此方のニュースで登場し始めた昨今ですが、

ここで生まれてここで育った私が感じるに、確かに今は感染拡大を阻止するため

自粛かもしれませんが、良識ある範囲内で行動しても問題ないとも思えます。

というのも、本音を言えば「いつも汚くて臭いススキノ」が今は超衛生的。

こんな、どこも消毒され、店側も客側も双方気を付けているススキノは

生まれて初めてかもしれません。沈静化したら、早くススキノではしごしたい!

その頃には、もしかしたらやめたりとお店も少なくなっているかもしれないけど

やはり支持があった店、人気店、乗り越えた店や人は元気な顔を見せてくれます

だって、食べたい物は食べたい。飲みたい店では飲みたい。

そして会いたい人には会いたいものなんです。

こんなときこそ、信用できる店でテイクアウトや出前がよろしい。

僕は全く料理しないので、こんなことあまり言えませんが、自分で作れない品、

お店でしか食べれない品を食べたくなるものです。ススキノっ子なら特にそう。

家庭でプロの味が味わえる、普段は自分しか食べてない品が家族にも届く。

高齢者やお子さんが一緒に同居している方々は、やはり外出を自粛は仕方ない。

それは僕も同じ。実際、どんどん近場で感染者がニュースで露わになるし、

自分が外で感染したら、家族も仕事も全て大変な事になるのは確実だし、

現在、感染リスクが非常に高いことは、これは言うまでもない事実。

気持ちを切り替えて、自宅の物置を探してみた。正月飲まなかったお酒を発見。

友人に電話しながら、酒を飲む。 こんな経験、人生初だけど致し方ない。

家ではほとんど見ないテレビ。こんな機会なので大きな画面に切り替えた。

最近はYOUTUBEが面白い。特に吉本のお笑い「大阪チャンネル」を。

来月の関西旅行も中止になり、スイスホテルもNGKで漫才もキャンセル。

しかしながら、ケータリングで宅飲みというのも悪くないかも。落ち着く。

まだまだ身体は本調子ではないが、太り過ぎてもまずいので、ノルマは決めて。

ギリギリではあるが、何とか走り切っている。それでも太ったなぁ。

今年は北海道マラソンもないし、まあいいか。 

嬉しい事もたまにはある。 軽量プラスチックガスボトルの販売で新聞取材。

業界紙なので、一般の方はもちろん、私も取ってないが、同業他社は見ている。

今回は全国版なので、さっそく福島県や大阪の同業者の方々から、

「見たよー!」「札幌大変だけど頑張って!」など励ましの言葉をいただいた。

今年も、このウイルス問題が鎮静化したら、全国に人生勉強しに行きたい。

ここで、なかなか味のある知り合いのツイートを紹介したい。

「商売やってる側から見たら全国一斉に、ぬるま湯に浸かってるとこから、取り出されて踏み絵状態。」

「 今まで通りやってれば大丈夫。今が良ければいい。なんて思ってた平和ボケがいかに多かったかがあぶりだされてるだけ。」

「 せっかくの機会なんだから、ぬるい連中は淘汰されてしまえばいい。」

「現状維持は退化と同義。 何もしないのは、やって失敗するより悪い。」

・・・かなり激しい語り口調なので、僕の綴った日記が、かき消されそうな勢い

だが、どの業界にも面白い方は多いものだ。頑張らなくちゃ!




コロナ経済不況と原油価格下落

大変な日本の状況です。というよりも世界的に株価下落で不況に陥ってます。

この状況下で当然のことながら原油価格の下落。

良いのか悪いのかわかりませんが、弊社にとっては使用量が増え、販売量増大。

冬の北国にとっては暖房費が少しでも安くなることはありがたい。

しかしながら、景気は確実に悪くなるので、この先が非常に不安な状況です。

コロナショックという名が付くくらいの世界的危機に直面しております。

弊社でも、このコロナウイルス感染拡大に伴い、事務・営業・配達全てのマスク

義務付け化を。経営者としてスタッフの安全を第一に考えることは当然の事

であり、少しでも感染縮小へ向けて、お客様へのマナーとエチケット強化を。

観光・イベント・外食などが中止や自粛になる中で、自宅で過ごす方も多く、

暖房での灯油販売量も伸びるので、今月は臨時営業も多く、無休となりました。

しっかり働くためにはしっかりとした栄養も。そして心身のケアも必要です。

温泉施設はコロナウイルスの感染も少ないということで、近所の温泉で。

やはりいつもの半分もいない状況でした。 ・・・どこも大変だなぁ。

ハードワークになれば、大変なのは肉体だけではありません。

タンクローリーも劣化しますし、タイヤの消耗も早いです。

仕事で使用するものにはしっかり投資する。必要経費ですから。

でも・・・灯油は売れど、燃焼機器などの購買力は確実に減少してる気が。

こういう大変な状況になると、必要最低限な事しか人はお金を使わない。

それはあらゆる業種に数字で顕著に表れていると思います。

弊社の営業品目の灯油・LPガスの次に来るのが住設機器と燃焼機器。

暖房メーカーのコロナさん、ウイルスと同じ名前だから多分大変でしょう。

コロナビール、新型コロナストーブ、こんなところでも風評被害とか聞きます。

つい先日、NHKのTV放送に出ました。前回の取材再利用での資料映像です。

それでも、多くの方の反響がありました。実際、私も、他の方に出たのを聞き、

その後で映像資料を戴いたくらいですから。

でも、今回は「灯油値下がり」で出演。実はこれ、弊社では初の快挙なんです。

年間5~10回ほどTVにチラッと取材放送されますが、いつも値上がり話。

「本田さんが出たら、灯油値上がり」「あんたが相場上げてるんじゃないの?」

こんな言葉もいただく事もたまにあります。だから今回は少し嬉しかったです。

ということで、今月も月末まで無休となってしまいましたので、

少しでも時間を見つけてリフレッシュです。たまにはちょっと遠くまで狸小路。

ここにある「ロウリュ」というサウナイベントを体験してきました。

超熱風汗だくサウナは最高でしたよー。 サウナ―の方々の気持ちが少し、

理解できたような気がします。 「イチ! ニー! サウナー!」

ということで、適度に息を抜きながらお仕事頑張ります。

早く、マスクと消毒液の追加が買えますように。 


大雪かつ繁忙な二月

二月もあっという間に過ぎ、残すところあと10日となりました。

今月は今まで降らなかった分の雪がドカドカと天から舞い降り、

あっという間に札幌全体が、いつものような白銀の世界となりました。

この写真は先日撮った、大倉山ジャンプ台からの1枚です。

自治会から役割を任されているスポーツ委員としてスノーフェスタを。

仕事を半日お休みして市民ボランティアを。 時間調整が大変なのが事実です。

この大雪で勿論のこと、弊社の配達部門は無休となります。

理由は灯油式融雪用ロードヒーティングが各地で稼働することと、

大雪で外出が鈍くなり、暖房用の灯油数量が伸び、電話注文も増えること、

さらにコロナウイルスの影響で外出を控え、自宅滞在の時間が多くなること、

今月も過去最高だった前年比を超える勢いで只今、灯油商戦の真っ只中です。

コロナウイルスからの経済低下による株価下落、そして原油も下落傾向です。

ここにきて、まさかの繁忙期灯油価格下落ですので、使用者にとって、

そして売る側としても良かったということになります。

バレンタインデーも知らぬ間に過ぎていきました。そのくらい忙しいです。

嬉しいことに、当日はチョコではなく、LPガスボンベの漏れ防止プラグが

甲府工場からたくさん納入されました。私にとってはこちらの方が嬉しいです。

これでさらに安全かつ、広いビジネス戦略を考案できそうです。

しかしながら、それだけじゃつまらないもの。単なる仕事人間になってしまう。

ということで、多少のディナーを地方のオステリアで。

久しぶりに束の間のゆったりとした時間を費やすことが出来ました。

2月はイベントも多く、ガスボンベの回転も著しかったように思えます。

軽量ガスボトルのプラコンポもさらに納入。 早速、1ボトル売れました!

今シーズンは大きな工事現場こそ少ないですが、それでも数件の灯油やLPガス

のオファーをいただき現場仕事も楽しみながらやっております。

タンクローリーの稼働率も高く、まもなく新しいタイヤとホイールに交換です。

車輌費はこの商売に重く圧し掛かりますが、安全仕事の為に致し方ない所です。

今宵は肋骨骨折から6週目。完治ということで、お祝いを。

地域のご迷惑をおかけした消防仲間の皆さんに、シャンパンのおもてなしを。

さあ、今月もラストまで精一杯努力し、良い結果を生みたいと思います。



如月スタート!

2020年、記念すべきメモリアルイヤーもあっという間に2月です。

実は私、1月初旬にアクシデントで、肋骨と内臓と歯を損傷してしまいました。

しかしながら、固定ベルトと鎮痛剤の投薬、会合こそ20件以上欠席ですが、

仕事はキッチリ仕上げ、創業以来1月単月最高売り上げをマーク、

さらに、今月のトレーニング目標も何とかミッションクリアしました。

フィジカルがボロボロでしたので、仕事よりトレをクリアする方が試練でした。

外出禁止でしたので、せっかくなのでトレーニングゲームを購入。

普段やらない日常を経験するというのは、改めて大切なことだなと実感。

新年会などの会合に出なかった分、時間とお金と心に余裕もでき、

それが仕事とトレーニングの結果に結びついたのです。

何でもそうですが、全てキッチリはできない。1日は足し算の結果。

そんなものです。 無駄を省き、自分にとって今一番大切なセレクトをする。

無駄なお金を使わない、無駄な時間を使わない、無駄な人と会わない。

というよりも、自分の為になるお金、時間、人との関わりに日々を費やすこと、

これが何よりも有意義かつ大切なことなんだなぁと、思いました。

そう考えたら、今まで本当に無駄ばかりの人生・・・。反省すべき点が多い。

でも、たくさんの経験から学ぶことが多い人生も良いものですから。

さて、ニセコ・キロロなどの地方イベントガスを終え、続きましては・・・

ススキノ・大通公園・アカプラなどの雪まつりでのガスレンタルが開始です。

イベントブースに灯油配達、調理ブースにガスレンタル。

そして、氷像の仕上げにプロパンバーナーで輝かせるんです!

細かい塵や、彫刻で削った氷のカスを溶かし、表面をコーティング。

こんなところに弊社のガスレンタルやバーナーレンタルが活躍しております。

そしてLPガスといえば、いよいよ軽量プラスチックガスボトルが届きました。

こんな感じで北海道で、というか全国で販売展開しているお店は弊社のみ。

オンリーワンなお店なんですよ! 是非皆様もこの波に一緒に乗りましょう。

このボンベのメリットはオシャレ・軽い・残量が見える・漏れなく安全。

デメリットは1万くらい高い・使用期限が短い。

ですから、このデメリットを私のアイデアとセンスで、

さらに「付加価値」をつけれるよう只今考案中です。ほど仕上がってきてます。

今シーズンは、12月・1月と歴代最高の売り上げと経常利益を出しているので

今月はプレッシャーがかかりますが、コツコツ積み上げてきた努力は裏切らない

ことを知ってますので、しっかり精進するのみ!です。

小規模経営ですが、まだまだ出来ることだらけの伸びしろ満載。

経営も人生も、勝手に限界を感じたり、限界を自分で決めちゃダメです。

無限です。 ホンダですから。 あら、わかる人少ないかな。 

あ、お取り寄せの美味しい海苔と、立春朝搾りのお酒が届きました♫

ということで、今回はおしまい。


プラコンポ

「プラコンポ」という名前はガス機器メーカー中国工業(本社広島県)がノルーウェーから輸入したプラスチック製ガスボンベです。

このボンベ、軽量かつ残量が見えるという優れもの。しかしながら高価格。

北海道のLPガス業界も誰も手を出さない状況。理由は様々だそうです。

2020年、本田燃料電器が北海道で初めての販売店。先ず3本仕入れました。

スタートから1月中に全て完売。即座に10本追加注文しました。

屋内で使用するのは勿論、野外でも使用可能です。女性でも持ち上げることが!

そんなプラコンポ、弊社なら売れる!という私の勝手な確信のもと、

これからも販売して、レンタルして、LPガスの良さをじゃんじゃんアピールしていこうと思っております。

同業者の皆様も見たことも触ったことも無い方も多いと思います。是非、弊社にご来店ください。是非ともその良さを確認してみてくださいね。

重たい鉄製のガスボンベ、見た目もダサい、残りも解らず・・・というデメリット。これを多少高めの価格でカバーし、ストレスフリーです。

イニシャルコストのプラス1万円を気にしない富裕層やハイクラスの方にとっては、確実に良い商品ですし、1000本限定ですので、ブランド力もあります。

北海道初の3番目のお客様は、パーティ用のBBQグリルで使用との事。

「これはいい!見た人みんなビックリしますね!」と。

そうなんです。だって、限定品なんですもの。

北海道で断トツ、ナンバーワン&オンリーワンのガスボンベ販売の弊社。

新年会で嬉しい最高賞を表彰うけました。本当に嬉しかったです。

これもコツコツやってきた普段の真面目な行いが、チャンスをくれたんですね。

楽しんでいる場合ではございません、ニセコにイベント出張ガスです。

大手シャンパンのイベントでのLPガスレンタルです。

今回はいつものプロパンガスボンベで対応。いずれ、レンタルガス部門でも、

プラコンポを利用していこうかなと思っております。

これが出来るのも弊社だから。理由は沢山ありますが、あえて言えば

①ガスボンベが日々売れる店だから ②レンタルガスが常時回転するから です

最近は、webのホームページだけではなく、灯油もガスも口コミやレビューで

新規のユーザー様からの需要が多くなってきました。

これからもお客様ファーストで。しかしながら、徹底することは決まってます。

法律や条例、そして何より弊社のルールを徹底し、それを守ってくれる事。

こっちの儲けじゃない、客が欲しいからじゃない、客のためになる品を売る事!

それこそが、良縁な関係を末永く続けれ、お互いに信頼・信用し合える仲となれると思っております。そこに弊社の繁栄があるのだと信じております。

今宵は記念すべき日なので、乾杯。

僕と一緒に仕事がしたい、と思った方。是非とも未来を一緒に築きませんか?

本年度、1名のスタッフ(パートナー)を募集しようと思います。

情熱ある方、待ってます。


祝NHKテレビ取材

 今シーズンは仕事でのテレビ取材が例年よりも多い気がします。

今回は国営放送、NHKさん。実は名前入りで放送されるのは初めてです。

年明けのバタバタしている時期でしたので、取材依頼の電話をもらってから、

用意周到ともいかず、急遽、灯油配送に合流しての撮影となりました。

本当は、タンクローリーくらい洗車したかったのですが・・・。

それでも、およそ1時間弱の密着でカメラを回してもらって、現場撮影。

TVは撮影拒否のお客様もいますし、うまくお客様にアポイメントを戴くも、

カットされたりしてしまうことも多いので、受ける側もなかなか大変です。

それでも、TV局側で上手くつないで、1分くらいは放送されました。

私自身は、放送時間中は某ホテルで新年会があり、視聴できませんでした。

しかしながら、たまたまご覧になっていただいた多くの方々から、

「見たよ!」、「NHKにまで出るようになったね」などなど、

大変嬉しい言葉を戴けました。どうもありがとうございます。

やはり、民放各社と国営放送では出演での印象が違ったのは事実です。

また、ちょうど緊迫した中東情勢の流れでの放送でしたので、

しっかりとしたニュースに弊社が関わっての登場ということで・・・

本田燃料電器にも、多少は箔がついたのではないでしょうか。

いずれにしても一本釣りしていただいたNHKさんには感謝します。

今シーズン6回目のTVは、例年にはない少雪での撮影でしたので、短靴で。

普段は、真冬に防寒着と長靴で雪を漕いで灯油配達をしますが、

今年積雪がほぼゼロ。灯油タンクの設置場所も、雪が無く地面が出ていたり。

今シーズンは、この雪の影響で大変です。弊社も融雪機やロードヒーティング、

多くの融雪関係の灯油が使用されず、ひと月あたり、百万円の売り上げダウン。

そんな大変な状況で仕事を頑張っている同業経営者の皆さんと、新年会を。

これからの良い業界の未来へ、意見交換会などをさせていただきました。

泣いても笑っても、あと2か月で春がやってきます。

努力で、スキルで、頭脳で、センスで頑張りましょうね!

今回の放送がWEBでもご覧いただけます。是非どうぞ。

「NHK 本田燃料」と検索すると、「中東情勢緊張、道民生活・・・」と

出ますので、クリックしてご覧くださいませ。 アドレス↓

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200108/7000016848.html


2019総評

平成から令和に変わり、時代の流れも、そのスピードも、

場面場面によって、速くあるべきもの、ゆったりしたほうがいいもの、

そんな、「本物」的な動きが重視された世の中であったと感じます。

私自身も本当にその時代の中で生きた一年間であったと感じます。

今回は、そんな弊社にとっての2019年を振り返ってみたいと思います。

商売繁盛を本年度の抱負として、絵馬に掲げた一年間。

掲げた瞬間、目標ではなく、これはミッションとして捉えました。

出来るビジョンしか見えなくなるポジティブさが自分の良さでもあります。

今まで費やしていた時間の配分も客観視して振り分けます。

トレーニングや趣味の交流、飲み会などの会合は、遊び=暇つぶしと設定。

今年はその余裕を、仕事と栄養と睡眠の時間へシフトチェンジ。

早朝しか時間はないので、トレーニング量もかなり減りました。

勿論のこと、筋力は低下し、体重も増加。 でも大して気にしてません。

経験上、表面的なものは、時間とって後からやれば、すぐ出来るものです。

そんな一年間の結果が出ました。

・今シーズンの灯油ニュース取材、北海道のTV番組のほぼ全てに出演。

・WEB活用により、例年にはない新規獲得で増収増益。

・LPガス成長率は著しく、表彰を受ける。

・ガスレンタル事業で地方出張が増えた。

・仕入れ強化により、ガス発電機、プロパンバーナー、ガスボンベ販売が急伸。

・キャッシュレス化に伴い、カード決済やスマホ決済を導入した。

・2012年、就任後7年連続での実質黒字化と前年度対比でプラス成長。

・全国から依頼が増え、初めて講師として出張地方講演。

そんな、本田燃料電器にとっては最高の一年だったように思えます。

ただ、これはたまたまではなく、コツコツ積み上げてきた実績です。

勿論のこと、したいこと、やりたいことも我慢してきたことも多いです。

だからこそ、自分なりではありますが、「あー、良かった」と思えます。

そして、ガラケーからスマホとパッドに切り替えたことも、成長の要因のひとつ

スマホでゲームをすることも、ラインで交流することもありませんが、

写メでの現場確認送信や、グーグル地図でのユーザー宅把握、

スマホ利用でのWEB活用は本当に大きな意味と結果がありました。

商売をしてていつも思うのですが、「時代」、時の人となる傾向がいつもある。

それは、自分が時代を作っているように思えますが、そうじゃない。

時代に逆らわないで上手くその波に乗るのが上手いのかもしれない。

これは仕事も生活もすべて同じですね。時代=流行とも言えます。

でも、「商い」は地味、アナログかつ時代とは言えないジャンルの燃料店。

だから、面白いのかもしれません。 だから79年も続いているのかも。

だからこそ、誇りを持って、この正業を志しているのかもしれません。

私にとっては聖業とも言えます。うちの仕事は、本当に素晴らしい仕事です。

ということで、「仕事」への商売繁盛の一年間が本日終了いたします。

今年は、九州・中国・関西・中京・関東・東北と四国以外全部訪問しました。

四国、人生で一度も行ったことがない地域。

それが来年の目標かな。四国・・・何があるのかな。仕事で行けたらいいな。

本年も徒然日記をお読みいただき本当にありがとうございました。

本田燃料電器 代表取締役 四代目社長  本田利博