プロパンガスボンベ

本年の目標へ、いざ!

例年ならこの時期は学園祭や催事、イベントなどの調理用レンタルガスの見積依頼や電話予約がとても多いです。

地方へ行ってイベントのガス監督者などもやったり、土日はほとんど出張仕事で埋まってました。

冬は灯油配達で休みなし、夏はガスで休みなし。今思えば、365日全部仕事だったような気がします。 

あの頃は、とにかく空いた時間に休みを見つける事に必死で、その空いた数時間を趣味に使ってた毎日でした。

ですから、仕事後の夜のススキノでの酒と肴が自分の癒しで、それが本当に楽しかったような気分でした。

でも、次の日も仕事ですし、早朝ランニングもあるし、なかなか本当のリフレッシュはできません。

それでも、休まずに続けていた仕事やトレーニングが、今まさに活きているのかもしれません。

「いつかは土日で休日を取って、山でも登りたい」。絶対できないと思ってた事が、

皮肉にも、このコロナで可能となりました。夏仕事が激減し、週末イベントはほぼ無し。

なんと、月に2回も土日が定休となりました。 結論は、「働けるときは働きまくって良かった」です。

その甲斐もあり、現在の弊社は、この十数年間で販売したガスボンベユーザー様の充填がメイン。

ここ数年はキャンピングカーやキャンピングトレーラーのガスボンベユーザーが更に増加してます。

そして現在はビジネス形態の変化もあり、新規キッチンカーのガスボンベ依頼が多くなりました。

このように、イベントが無くなり、レンタルガスが回らなくなりましたが、

ガスボンベ充填や、新規購入者のおかげで、何とか商いを続けております。

そして仕事内容には「流れ」の他に、「風」も必要です。

この山のような段ボール箱の中身は、軽量ガスボトルです。弊社の新しい風になってくれると願っております。

昨年から北海道で弊社が販売し始めた軽量ガスボトル。現在ではものすごく売れてます。

今回はブログもあって、このように高い山のようにディスプレイしましたが、

もっともっと高みを目指していきたいという気持ちも一緒に乗せてあります。

「I am going to aim higher.」そんな感じです。

本年の仕事目標は「ガスボンベ累計取引件数1万件突破」です。現在は9500件ちょっとです。

なかなか長い道のりですね。ここまでやっときましたが、まだまだ。ホント高い高い山に登る感じですね。

高い山といえば、この写真で聳え立つ「定山渓天狗岳」です。札幌近郊の山では結構な急登となります。

更に、沢があり、虫も多く、熊も出やすい山なのでちょっと避けてましたが、久しぶりに登山をしました。

日頃の鍛錬のおかげか、思ったよりもサクサクっと登ることが出来ました。

でも、やはり数回の頭部打撲と両膝の損傷での出血をしてしまいました。

私なんて、普通に歩いて登り、緩い箇所だけ走る程度。トレイルやスカイランニングの方は本当に凄いと思います。

さあ、いよいよ今週末は本年の登山目標「恵庭岳」にアタックです。

前回の登山、風不死岳の山頂から眺めた恵庭岳。ここの山を登れば支笏湖五山を制覇、

そして今年の目標「恵庭岳登頂」が達成します。

自分なりにコンデションも整え、良質な栄養と睡眠をしっかりと。現在は断酒中でもあります。

私は「ミッション」と言いますが、「目標」を掲げることは本当に大切なことです。

完登した後、また次の目標が出るのだと思います。

考えも、行動も、そのレベルも、人それぞれで良いし、ペースもそれぞれで良いと思います。

それは、登山だけではなく、仕事は勿論のこと、生活リズム、スタイル、衣食住、遊び全てで。

楽しい、幸せだ、と思えなくちゃ。せっかくの人生ですもの。

 

 

 

プロパンガス屋

弊社は何屋?と言われれば、灯油屋もしくはガス屋だろう。

炭も扱っているが、近所の燃料店も支えるべく、星野燃料さんを紹介している。

その、本田燃料だが、店主のカラーが強く、燃料店にしては異色である。

汚い・きつい・危険の3Kと言われたこの業種を、

綺麗・高収入・カッコいいの3Kへ。 

お客が来る・店内が清潔・スタッフも爽やか・WEB活用をしている・カードやキャッシュレス決済など、

老舗ながらも、時代にマッチングしたサービスとビジネス展開を常に心がけている。

そんな店主である私の最近の趣味は登山だ。 ハンドボール、マラソンと続き、やはりスポーツ。

汗を感じないものに興味が湧かないというのも事実であるが。

最近は仕事もオシャレ。ガス屋と呼ばれることがほとんど無く、「ガス屋さん」とさん付けしてもらえたり、

本田燃料や本田さん、と名前で言ってくれることも多い。

WEBやSNS、ガスボンベに特化したオンリーワンビジネス、新規ユーザーが常に利用してくれるので、

会社の血液の流れというか、代謝が良い会社体質になっていることは、大変誇りに思っている。

コロナ渦での自粛生活などから、ライフスタイルも一変し、自宅内への自己投資も多くなってきた。

旅行や外食、ブランド衣類やアクセサリーをやめて、自宅や車、趣味に設備投資などなど。

ピンチのガス屋にも何かチャンスを構築した結果が、BBQグリルと軽量ガスボトルだ。

ネットでWEB購入や、ヨドバシやコストコで購入し、プロパンガスボンベは本田燃料で。

しっかり点検もあるし、明るく元気でフットワークも軽い。そしてレクチャーありでフレンドリーだ。

自分のアウトドア志向もそうだが、今年は特にBBQ志向や山菜取りなどの人も多かった気がする。

そんな時に大活躍するのが、2重鋳物コンロだ。寸胴鍋でグツグツお湯を沸かせる。

このコンロは、震災時の炊き出しで有名だが、札幌ではジンギスカンやキャンプでも大活躍する。

ガスボンベと鋳物コンロ。この両者があれば、どこでも移動可能で、どこでも使用できる強い味方だ。

そしてキャンピングカー、トレーラーの強い味方がプロパンガスボンベ。

このボンベを安定的に供給できる会社づくりをこれからも続けていきたい。

設備・配管などの漏れ検査や燃焼試験もしっかり実施し、弊社のエリア内での使用範囲を守ってもらう。

法や条例に定める内容と、弊社独自のルール、更に経験と実績で、

これからのより良いマッチングを更に強化していきたいと思う。

幼い頃、父と温泉露天風呂から見た大きな綺麗な山。

お前も大きくなったら一緒に登ろうな、と。

そう言ってた父は、早くに亡くなってしまい、願いは叶わなかったが、

父と同じくらいの歳に近づき、今回はその山、風不死岳を登ってみた。

あの頃、小さいながらにも頑張って、この大きな山に一緒に登ってみたいと思ってた頃が懐かしい。

そして、自分がガス屋を継ぐとは想像もしていなかった。

人生はホントわからないものだし、いつ終わるのかもわからない。だから面白いのかもしれない。

まあ、与えられた場所で、自分なりに何事も一生懸命やれば、それでいいのかなとも思う。

自分が、自分に、納得できる人生という日々をこれからも送りたい。

 

4月末の結果

今月、序盤はイベントガスやガスレンタル予約も少なく、非常に不安からのスタートとなった。

それでも、キッチンカーのガス稼働や、アスファルト舗装のガス、調理用での新規ガスなど需要も見込め、

月末の集計結果では、新規ガス契約とガスボンベ販売は例年よりも多い結果となった。

やはり、不安になっていてもダメ。ジッとしててもダメ。自分を信じて、会社を信じて向かうことが大切。

それを教えてくれたのは、やはり今月の結果と、コロナ禍での行動だと思う。

そして何より、コツコツと十年もの歴史をかけて積み重ね、創り上げてきた事業モデルでの結果だと信じている。

GW明けには、次世代軽量ガスボトルを更に広げていきたいと思う。

その一つにキャンピングカーやトレーラーでの使用を。運搬時もなるべく軽いほうが良いからだ。

そして所有者には、ハイクラスや人より一歩先を好む方、多少のイニシャルコストはノープロブレム。

LPガスボンベのニーズは仕事も遊びも、ユーザー層も様々に対応できるモバイルエネルギー。

これからも、この北の大地で多くの皆様にガスボンベの良さを広めていきたいと思う。

札幌も桜が満開となる季節となった。

昨年の4月は、12月初旬くらい寒く、灯油配達のオーダーも結構多かったが、

今年は平年通り。それでも、コロナ禍での巣篭もり需要や、GW悪天候での消費は見込まれそうだ。

私も初旬は、十分に気を付けながら、小旅行や外食も楽しんでいたが、今は巣篭り。

TVやスマホで、ディズニーチャンネルやYOUTUBE・MUSICなどを楽しむ日々。

元々、適応能力に長けているせいか、全く苦にならない現状だ。

それでも、健康のために、ジョギング・山登り・温泉は楽しんでいる。

函館で仕事をしている後輩が送ってくれた五稜郭の写真。桜が満開だ。素晴らしい!

行こうと思ったが、札幌もGW明けには感染者1日500人に迫りそうなので、今は自粛。

鮨も出前館などで、現在はデリバリーだ。

以前は店のカウンターで握りたて!ばかり考えていたが、味も丁寧さもコスパも良いので全く問題ない。

まあ、ススキノに住んでるので、店から出来立てが10数分で届くという観点からは非常に恵まれている。

しかしながら、それ以上に旨い食べ物は、登山で戴く「おにぎり」「ザンギ」「ゆで卵」「カップラーメン」だ。

これに勝るものはこの世に無いと思っている。

もっと言えば、登頂後にリフトかロープウェーなどで帰宅できるなら、飲みたいのがビールかな。

下山があるのでアルコールは摂取出来ないが、今度藻岩山で試してみようかと思う。

日帰り温泉も大切。着替えや食事ではマスクや消毒など非常に気を使うが、

なるべく空いている時間帯を狙って行くといい。

このようにして、全国的にコロナ感染での緊急事態だが、仕事も遊びも楽しく過ごしている。

まあ、日々の仕事でも多くの人々に会うので非常に気を付けていることに他ならない。

このGW前後も、全国のキャンピングカーが北海道に上陸するので、ガスレンタルで弊社に集まる。

札幌も道内だけではなく、全国のナンバープレートを掲げている車だらけだ。

今月は、目標ランニング距離数も達成した。売上前年月対比も上手くいけば更新できそうだ。

4月入りの不安が、深呼吸して粛々と仕事をし、終わってみれば良績だ。

そんななかで、旅行もやめた。宴会もやめた。宿泊もやめた。車や時計も買うのもやめた。

これからまだまだやめることも多いと思う。それでもやり続ける事、新しく始めることもあると思う。

人生前向きに、やれることを一生懸命に。

渡辺和子さんの「置かれた場所で咲きなさい」をふと、思い出した。またまた読み返してみよう。

4月は、①小樽「塩谷円山」②札幌「盤渓山」を登りました。今年も20くらい登りたいです。

そして今年の目指す大きな山は「恵庭岳」。いつも豊平川の河川敷走ってて見えるカッコいい山です。

それを楽しみに、今年はお仕事やトレーニング頑張ります!

新しい日々に向けて

4月に入り、この世の中はどんな感じでしょうか。

相変らずコロナウイルス感染に悩まされ、それぞれのエリアでそれぞれの考え方のもと、生きている気がします。

海外旅行なんていつになることやら、国内旅行でも、まだまだ難しい、そんな状況となってますね。

札幌も、4,5月のイベントは全て中止。6月の北海道神宮祭り、8月のススキノ祭りも中止。

弊社のサマーシーズンのガスレンタル仕事も、イベント無につき、ほとんど無い状態です。

どうしましょ・・・今までは休みがなくて苦しかったのに、これからは仕事が無くて苦しい日々。

まあ、不安がってても仕方がないです。上を向いて深呼吸、深呼吸。

それでも、多少なりともご新規様や、リピーターの方、

灯油・LPガスならと、弊社を紹介してくださる方などで、何とか希望をつないでおります。

未来への希望といえば、この次世代LPガスボトル。

ユーザーからの評価も高く、今年も更に力を注ぎこもうと思っている商品です。

今年もキッチンカー・フードトラックをはじめ、調理用としてLPガスボンベが多く販売される兆しも。

在庫切れだけはしないように、しっかり仕入れにも力を入れなくてはなりません。

まあ、弊社の商材というものは、期限年数はあれど腐るものではないし、そこは楽かもしれません。

が、1つ1つの仕入れ価格単位は結構大きいので、すぐ百万近くと高額になります。

弊社で1番よく売れる昔からの商品です。燃焼器は弊社でも他店でもWEBでも何でもいいですが、

必ず使用前点検が必要となります。ですから、持ち込んだり、出張して伺ったり。

その時に使用についての契約書を交わして、安全に使用する責任を背負ってもらいます。

このパターンもよく売れます。ガスバーナーはアスファルト舗装や融雪・解氷作業などに使われます。

ガスボンベには保管時や運搬時の漏れ防止プラグを義務付けております。

プロパンバーナーは名古屋、ガスボンベは広島、プラグはアルプス市から仕入れます。

で、これが最近イチオシのガスボトルです。強化プラスチック(FRP)で出来てるので何より軽い!

全てがカップリングのカチット構造なので、ガス漏れも無いし、使用上は安全です。

私が好きなところはデザイン性と中身がみえるところ。持っていると差がつく商品です。

屋内外での使用が可能ですので、家庭でアウトドアで、さらには緊急時や非常時にも役立ちます。

重たくないので、女性の方に優しい商品ですね。

東北は桜も満開。良い季節です。今年の桜前線は早く、札幌も今月中に開花するでしょう。

札幌、ススキノは観光客も最近は疎ら程度ですので、感染も縮小傾向でしょうか。

それでもみんなで感染防止に力を注ぎ、会合や宴会もほとんどありませんし、良い方向に向かってます。

勿論のこと、その反面でうちのようにダメになる業種もあります。一番は観光・ホテル産業かな。

飲食店は今年も厳しいですね、デリバリーやその他さまざまな努力はしてますが。

家族単位や少人数での使用でも楽しいし、盛り上がれますが、絶対数が少ないのでどこ行っても暇で寂しいです。

進学祝いなどで親戚の方々がご来店いただいてますが、店頭で軽く挨拶のみ。普段なら中に入ってもらうのですが。

地方の方から札幌の中央区、しかもススキノエリアに住んでいるということで、何となく距離を持たれている気も。

ですから、私も親戚の方々に会いたいのですが、訪れることをまだやめてます。

友人たちと語り合うも地元エリアの人と、地元エリアの飲食店で。

地元愛しか生まれないですね(笑)

私の生き方基本2条

・困っている人には手を差し伸べる

・頑張っている人は応援する

そんな考え方のなかで、自分がそうできる人間になりたい、なり続けたいと思ってますので、

やっぱりもうちょっと苦しいけど、頑張ってみようかなと思います。

 

 

春の訪れ

雪も解け、気温も上がり始めた札幌です。

ようやく春の訪れとなりました。

現場での灯油・LPガスボンベ配送もほぼ終了しました。

これからは舗装用の工事に使用したり、調理関係にガスボンベが活躍します。

例年ですと、イベントや催事などの調理ブースにも大活躍するのですが、

今年はどうでしょうか、昨年からのコロナを引きずってなかなか難しい予想かな

もう1年くらいイベント関連での飲食はダメかもしれませんね。

それとは対照的に、キャンピングカーやキャンピングトレーラー、

フードトラック、キッチンカーでのLPガスボンベ需要が伸びています。

更に移動式コンテナに調理ブースを設置し、弊社がガスボンベを。

新しいケースでのガスボンベ需要の開拓として良いビジネスモデルが完成です。

春になって、灯油配達が無くなってくると同時に、ガス仕事が増えてきました。

私の目指している、楽しい気分でお仕事を。「楽業」(らくぎょう)です。

なかなか大変なことも本当に多いですが、楽しいからこそ出来てます。

しっかり仕事して、いっぱい走って、モリモリご飯を食べる、これが大切です。

そして一番大切なのは、寝る事。睡眠時間をしっかり取って、毎日元気です。

今年の春は「良い季節だったなぁ」と思いたいですね。

さあ、品切れだった次世代軽量ガスボトルも大量入荷しました!

プロパンガス業界にとっての新しい星となりますでしょうか、

現在のところは北海道で販売・充填・レンタルをやっているのは本田燃料だけ!

ちょっと差が出るハイクラス商品、限定品ですので是非お買い求めください。

コストコなどでウェーバーBBQグリルと組み合わせたら、最高ですよ。

師走なひととき

「師走」のこの時期、本田燃料電器は一年間で一番多忙な日々を送っている。

灯油・LPガスボンベという2トップ商材が一気に需要を増し、

そこに輪をかけるようにガス機器やストーブ・ボイラーなど関連商材も売れる。

更に工事や相談など、これらに付随してくる要件で仕事が一気に膨れ上がる。

そこにオリジナルイベント「10日は灯油の日」というサービスデーを設け、

スタッフ含め、店全体に私は、さらに拍車をかけるのだ。

常に向上、常に飛躍。現状維持は退化に同じ。

そんな商売イズムの基、年末に大決算を迎えるわけだが、更に仕事が加速する。

ユーザーからの新規問い合わせや電話相談、そして注文オーダー。

今月のミッションは「コロナを味方(利用)にする」。逆境を味方に変えるのだ

今シーズンは全体的に「巣篭り生活」「自粛ライフ」そして「換気が大事」。

家庭での灯油・ガス・電気の消費需要がかなり見込まれる。

更に、換気対策としてサブヒーター(石油ポータブルストーブやファンヒータ)

などのスペア暖房などが活躍する。換気と加湿には石油ポータブルは最高だ。

備えあれば憂いなし。そんな言葉を思い出し、今月は全ての仕入れを拡充した。

こんな時期だからこそ、底力がある店として、やるべきことをやるだけ。

弊社だって、イベントが無くなり、ガスレンタルや簡易ストーブ灯油も大打撃。

更に飲食店や宿泊施設などの業務用ガス・灯油が見込めないこの状況の中、

荒れ狂う大海原のなかを、この船でどう舵を取るか常に模索中。

理想は「つべこべ言わず、逆境を味方につけて波に乗る」。正にこれだ。

自分がどう思っても、大多数が思ってることが「主流」となり「世論」となる。

だからと言って、それが正しいということではなく、自分の思いや考えは大事。

皆そうなのだが、「自分」をしっかり持つことが大切。

自分こそ、唯一無二のオリジナリティかつ貴重ということ。私はそう思っている

このコロナによってダメになる業種も結構ある。仕方がないことかもしれない。

反対に、成長し、伸びる業種もたくさんある。それが世の流れであり経済である

結局は必要であるか無用であるか。需要と供給なのである。

そんな中、半年間の構想と試行錯誤を繰り返し、新たなパーツをようやく発明。

取引先もメーカーも出来ないし、やらないということで私が開発。

法律の解釈や制限、コストなど課題も多いが、何よりパイオニア精神は大切。

できないをできるに。これが私、本田燃料電器「ホンダトシヒロイズム」。

これによって未来が更に明るく広がりそうだ。数千万以上の値がありそうだ。

仕事・トレーニング・趣味で頭脳と肉体を使い、睡眠も大切だが、栄養素も大事

頭を使うと甘いものが本当に食べたくなる。最近は酒も飲まないので更に。

さあ、師走の30%が先ず終了。序盤にしては仕事も売り上げも健康も上出来だ

ここからの中盤戦がある意味「鍵」となる。

さあ、仕事仕事。

先義後利

このコロナ禍において、会社や仕事、自分自身の生活をどうしていけばいいか、

本当に悩んだり不安になったりする方は多いと思います。

私自信も、経営者の一人として、家長の一人として、日々悩んだりもします。

しかしながら、一本筋ではないですが、自分で掲げた企業理念のもと、

情熱(passion)・誇り(pride)・誠実(sincerity)の

2p1sの精神、そして先義後利の考え方でこれからも進んでいきたいです。

不安がっていたり、落ち込んでいてもマイナスしかないです。

だからと言って、無理に流れに逆らったり、頑張り過ぎてもいけません。

ただ、自分自身の経験上、「全てはコツコツの積み重ね、日々精進」だと

思っておりますので、気持ちは前向きに、ポジティブ思考で日々を過ごし、

現在はジョギングを日課とし、日々に少しでも達成感をプラスしております。

札幌もいよいよ寒くなってきました。灯油配達の注文やお問い合わせも多く、

今年も良いスタートとなっております。今シーズンもTVや新聞、ラジオなど、

メディアからの取材依頼が来てくれたら、本当に有難いところでしょう。

コロナ禍においては、自宅で過ごす時間が多くなりますので、

灯油やガスの使用量も多くなる事と思います。夏のイベントガスのマイナス分を

年末までの仕事でカバー出来ることを期待しながら、日々精進したく思います。

10月は連休も無く、日曜しかお休みが取れないので、日帰り旅行をしました。

が、この時期は休日でも会社の転送電話に灯油やガスの問い合わせが入るので、

電話応対と翌日からのシフトや配分などをバス移動時に行うワーケーションに。

それでも、久しぶりの札幌以外。行きたかった富良野の「青い池」にも。

実際に目にした大雪山の山々にも感動しました。トムラウシ山へいつか登りたい

そんな目標もこの数年で達成できたら良いなぁと思っております。

さて、弊社ではプロパンガスボンベの販売が好調で、歴代ベストをマークです。

主にアスファルト舗装や氷解用のプロパンバーナー使用ボンベが多いのですが、

今年はキャンピングカーやキッチンカーでのガスボンベ使用が多いです。

軽量プラボトルも好評で、弊社では北海道は勿論、日本でも販売上位店に。

今年は叶わなかった呉の工場への招待視察研修も来年こそは実現したいです。

そして、いつか製造元のノルウェーに視察研修が出来る事を夢見て。

お馴染みの鋼製プロパンガスボンベも年末に向け、大量仕入れをしました。

ガスボンベ販売やレンタルを行っていない同業他社様からのユーザー紹介や、

依頼なども本当に多く、弊社は恵まれているなぁとも思います。

これも、コツコツ積み上げてきたからであり、80年間続けてきた商いの道。

先代たちに感謝し、これからも仕事を通して社会貢献を果たしていきたいです。

今月最後の休みも近郊の山に登山です。山頂は雪で真っ白。気温も0℃です。

登山中、大きな虹に出会いました。

太陽で照らされ、ターコイズブルーに映った日本海。

綺麗でした。

頑張れプロパンガスボンベ!

7月に入り、LPガスボンベ(プロパンガスボンベ)の調子が上がってきました

先ずは今月からスタートした地元ススキノでの唯一のイベントガス。

およそ100数十名しか入れませんが、野外で炭焼BBQを楽しめます。

ビアガーデンってやっぱり良いですね。 野外でコロナも安心です。

さて、ここのイベント会場ではどのようにLPガスボンベが活躍するかと言えば

ボンベは、手洗いや給湯器に使用したり、炭起こし、揚げ物フライヤ調理機器、

鋳物コンロでフライパン調理や、大鍋で温めや、茹で調理に使用したりします。

ガス庫に眠ったままのガスボンベが、多少でも光が浴びて嬉しい限りです。

そして、今シーズンはBBQグリル用のガスボンベ依頼も結構多いです。

外国製のグリルは10種類くらいありますが、WEB購入や量販店が多く、

購入後にユーザーが組立が必要な場合もあります。要確認ですね。

完成後、弊社が販売するガスボンベをつなぎ、漏洩検査、点火検査をします。

この「燃焼機器検査」を通らなくては、弊社とLPガスボンベ契約はできません

持込み検査or出張検査を実施し、漏れも無く、安全に使用可能が認められれば

見事「合格」、取引成立です。 さあ!楽しいBBQライフの始まりです。

今回は5キロ用でしたが、キット内に8キロや軽量プラコンポもOKでした。

ということで、次世代ガスボトルが売れました! 残り1本になったので、

他のボンベも含め、今月はさらに数十本仕入れようと思ってます。

弊社は、キャンピングカーや現場火口、ガス機材なども出張検査も多いです。

イベントが全然ダメでも、何とか少しずつですが、歩み始めたかな、

と実感しております。ですから来年はイベントも加わり、さらにUPですね。

HPには暦のスケジュールも掲載されており、WEB確認がオススメです。

今月は休日も多く、連休もありますし、ガス充填日も減っているので注意です。

そうそう、GOOGLEやFBにも掲載されましたが、

嬉しい事に、ボンベオーナー(新規販売・ボンベ登録)が1000本越えに!

およそ10年前から始め、最初はオーナー0本、レンタル3本からスタート。

今ではレンタルガスボンベも100本以上は常時可能、通算取引8200件に。

一番嬉しい事は、この数字ではなく、無事故無違反でここまで来たことです。

これは、弊社の頑張りもありますが、何よりユーザーのお陰なんです。

お客様のご理解、ご協力なくして出来ることではありません。

ここに感謝申し上げます。本当にいつもありがとうございます。感謝です。

ということで、本日満45歳を迎えました。

まだ機密事項で言えませんが、あるミッションを遂行中でございます。

人生初めてのことですので、自分自身も、周囲も影響が出てくると思いますが、

この歳になってようやく出会ってしまったのです。

多分というか、残りの人生が必ず変化していきます。

ある意味、節目であり、良い未来への「スタート」を切りました。

それでは、皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。


軸はぶれずに柔軟に

なかなか大変な北の大地です。最初に始まり最後までコロナ問題な札幌です。

北海道は広いので・・・札幌以外の地区にご迷惑をかけてすみません。

桜も満開となり、あちこちのソメイヨシノ、エゾヤマさくら、千島さくら、

八重さくら、そして枝垂れ桜が人々の心を癒してくれてます。

しかしながら、花見も出来ず。お外はマスク姿の人々がソーシャルでスタンス。

仕事も、出勤日の削減、営業時間の短縮、セールス中止などなど大変です。

時間があるので、先祖供養に墓掃除を。いつも以上に磨きました。

この時期、いつもならイベントガスの準備や見積り作成、現場対応で大忙し。

今年は丸1年、全くないような気がいたします。

弊社も80年の歴史の中に、幾度となく大変な事もあったと思います。

しかしながら、4代目を継承し、はや10年。なかなか大変な壁であり、山で。

このコロナウイルス時代、そして問題を上手く対応できた先には、

更に強い、底力を持てる企業に成長できるだろうと信じております。

夏仕事と言えば、弊社はLPガスボンベですが、そんな中でも分野を広く。

舗装用ガスバーナー、BBQグリルやアウトドア系、歯科技工や医療系、

キッチンカーや珈琲焙煎など、イベント調理ガス以外も多くの使用目的へ供給。

リスク分散が多少上手くいき、商売は首の皮1枚つながっている状態です。

ヨドバシカメラさんはじめ、大手の小売企業からのユーザー提供依頼もいただき

今年2月から始めた、軽量ガスボトルの売れ行きも好調です。

最近はネット(WEB)でBBQグリルを購入したユーザーが弊社にガス依頼を

店舗にも弊社をオススメや指定店としてガスボンベ販売店紹介をしてくれ、

昔よりもスムーズに機器検査やガス取引に結びついております。

これは零細商店にとっては、本当に有難いことで、感謝しかありません。

その時代の流れや波を上手くキャッチし、時代と仲良く過ごす。

本業の軸はぶれずに、柔軟に商いを全うする。これが大切です。

店内での飲食店が敬遠される中、これからの明るい兆しがキッチンカー。

出来立てアツアツをテイクアウト。野外で、その場で食べれば、解放感もあり、

さらに空気も清々しく、最高なシチュエーションを展開できるでしょう。

トイレや手洗いの衛生面を設置している、店舗の駐車場などでテラス風に展開を

すれば、最高なビジネスモデルが出来そうです。地権者の協力をこれから大きく

上手くやって行けば、冷めたテイクアウトや出前が嫌いなユーザーも、

楽しみの一つが増えることでしょう。

日本全国、他県は知りませんが、北海道で正規ガスボンベ販売事業の弊社。

販売・レンタルはNO1かつ、ONLY1。知名度とユーザー・業界からの

大きな信用と信頼、行政からも絶対的な支持を戴いております。

気づけば、ガスボンベのお取引の大多数はクレジット・スマホ決済。

ペイペイも勿論のこと使用可能です。

「一家に1本、LPガスボンベ」。これが私の理想です。


プラコンポ

「プラコンポ」という名前はガス機器メーカー中国工業(本社広島県)がノルーウェーから輸入したプラスチック製ガスボンベです。

このボンベ、軽量かつ残量が見えるという優れもの。しかしながら高価格。

北海道のLPガス業界も誰も手を出さない状況。理由は様々だそうです。

2020年、本田燃料電器が北海道で初めての販売店。先ず3本仕入れました。

スタートから1月中に全て完売。即座に10本追加注文しました。

屋内で使用するのは勿論、野外でも使用可能です。女性でも持ち上げることが!

そんなプラコンポ、弊社なら売れる!という私の勝手な確信のもと、

これからも販売して、レンタルして、LPガスの良さをじゃんじゃんアピールしていこうと思っております。

同業者の皆様も見たことも触ったことも無い方も多いと思います。是非、弊社にご来店ください。是非ともその良さを確認してみてくださいね。

重たい鉄製のガスボンベ、見た目もダサい、残りも解らず・・・というデメリット。これを多少高めの価格でカバーし、ストレスフリーです。

イニシャルコストのプラス1万円を気にしない富裕層やハイクラスの方にとっては、確実に良い商品ですし、1000本限定ですので、ブランド力もあります。

北海道初の3番目のお客様は、パーティ用のBBQグリルで使用との事。

「これはいい!見た人みんなビックリしますね!」と。

そうなんです。だって、限定品なんですもの。

北海道で断トツ、ナンバーワン&オンリーワンのガスボンベ販売の弊社。

新年会で嬉しい最高賞を表彰うけました。本当に嬉しかったです。

これもコツコツやってきた普段の真面目な行いが、チャンスをくれたんですね。

楽しんでいる場合ではございません、ニセコにイベント出張ガスです。

大手シャンパンのイベントでのLPガスレンタルです。

今回はいつものプロパンガスボンベで対応。いずれ、レンタルガス部門でも、

プラコンポを利用していこうかなと思っております。

これが出来るのも弊社だから。理由は沢山ありますが、あえて言えば

①ガスボンベが日々売れる店だから ②レンタルガスが常時回転するから です

最近は、webのホームページだけではなく、灯油もガスも口コミやレビューで

新規のユーザー様からの需要が多くなってきました。

これからもお客様ファーストで。しかしながら、徹底することは決まってます。

法律や条例、そして何より弊社のルールを徹底し、それを守ってくれる事。

こっちの儲けじゃない、客が欲しいからじゃない、客のためになる品を売る事!

それこそが、良縁な関係を末永く続けれ、お互いに信頼・信用し合える仲となれると思っております。そこに弊社の繁栄があるのだと信じております。

今宵は記念すべき日なので、乾杯。

僕と一緒に仕事がしたい、と思った方。是非とも未来を一緒に築きませんか?

本年度、1名のスタッフ(パートナー)を募集しようと思います。

情熱ある方、待ってます。