プロパンガスボンベ

2019旅行

 今年は仕事での研修旅行や講演旅行、取引先からの招待旅行、

そしてじゃんけん大会で優勝した博多旅行なども加わり、

本当に多くの県を訪れることが出来ております。自分でもびっくり。


今回は島根県の出雲大社へ正式参拝に伺いました。

待ちに待った旅行です。天候にも恵まれ、最高の滑り出しです。

出雲ではご案内のもと、御影石でのおかげ参拝を。二礼四拍手一礼ですね。

さらに、神職の方からお話など、大変貴重な時間を過ごすことが出来ました。

しじみで有名な宍道湖辺りの温泉宿に泊まったので、旅ランを開始です。

この1ヶ月は本当に走っているような気がします。少し痩せたかも。

来週の札幌ハーフマラソンにもエントリーするので、調子はバッチリです。

今回の旅行は半年前から決まってた弥彦神社氏子青年会の研修旅行でした。

約半分のメンバーが参加し、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

玉造温泉で親睦を深め、更なる会の発展を誓い、互いに労をねぎらいました。

メンバーとも別れ、プライベートで大阪に入り、なんばへ。

昔から芸人を目指したい位の気持ちがあり、本当にお笑いが大好きで、

その心は今の仕事や、生き方にも通じております。これは、もはや人生観にも。

全ては「笑い」と「おもろい」と「まあ、ええか」で物事が片付けられそうな

そんな気持ちを常に持っており、それが今の自分となっております。

ですから、「笑い」「おもろい」という自分の感覚やを、軽く見られたり

「まーええか」精神をテキトーと捉えられたり、理解してもらえない事も

多々ありますが、この笑いの聖地に来ると、自分の生き方が大好きになります。

高校の友人も加わり、ミナミで乾杯! 新世界や西成辺りでワイワイと。

知らんおっちゃんや芸能人、アジア系のおばはんも混ざり、みんなで乾杯です。

しかしながら、じゃんじゃん通り辺りのホルモン焼きはメッチャ旨かった。

宿泊先は、なんば直結のスイスホテル南海大阪。ここは吉本の劇場に近いです。

宿泊した部屋の眺めもバッチリ、朝食もGOODです。ジムもプールもスパも。

そんな楽しい大阪ミナミでの時間もあっという間におしまいです。

札幌に戻れば、すぐに仕事! 店にはプロパンガスボンベがワンサカ。

ガスレンタルの返却や、プロパンボンベの充填、ボトルの交換など。

ボトル? そう、最近ではボトルというお客様がいまして、笑えました。

ですから引用し、預かることを「プロパンのボトルをキープしましょか?」と。

勿論キープ料はじわじわ発生しますよ♫ お早目のお引取りを。

ということで、今回はおしまい。


やってみなはれ

「やってみなはれ、やらなわからしまへんで」。サントリー創業者のお言葉。

このスピリットはいつの時代も業種を問わず尊敬され、私自身も大変感動し、

現時点でも、己の「仕事へのチャレンジ精神」の根底として根付いている。

先人たちが残した名言、そこに心が震え、情熱が動き出す。

世界から見たら、小さな日本国。その北国として位置する島、北海道。

そこの札幌で必死に生きている自分。小さな生命みたいなもんさ。

それでも、授かった命と自分の中では天職というべき燃料店を志し、

商いを軸に、地域貢献や社会奉仕ができる企業にしていこうと。

商売品目は主に灯油とプロパンガス。そのプロパンガスの仕事で、

弊社の真骨頂ともいえる、ボンベの質量販売で嬉しいことがあったのだ。

イベントガスと思って伺ったクライアントは児童養護施設の担当者。

年に1回のお祭りで唐揚げやお餅つきなどの調理ガスのレンタルを。

休日なので私が出勤なのだが、事前設置時から手をつないでくる幼い児童が。

グッと来て、休日仕事ではあったが、自らボラのお手伝いもお願いしてみた。

みんな可愛くて、本当に良い時間を過ごせた。 いい仕事をしている、感謝。

小さい店ながら、こんな事にも協賛している。

大學のハンドボールを指導していた私だが、教え子がジュニアの指導を。

そういう頑張りにも、やはり気持ちが動かされてしまう。

少ないながらの協賛をさせていただいた。すると、ご丁寧に御礼を。

行動が結果を生む。人の心が仕事を通して、嬉しく返ってくる。

世に大した貢献はしてないけれど、それでも認めてくれる人がいる。

本当に有難いこと。感謝しかない。でも、それが更に自分を加速する。

燃料店でもキャッシュレス。10月の消費税増税前に、カード決済に対応。

こんな零細の商店でも、自負がある。「燃料店、自分こそがスタンダード」。

実際、プロパンガスボンベ販売でのカード決済を出来た瞬間、震えた。

そしてグッと胸が熱くなった。燃料店も時代に対応してるって!と。

時代の変化に柔軟に対応できるということが、老舗にも大切な事。気づけば、

古い弊社が、実はこの業界で一番新しい動きをしているのかもしれない。

さあ、今シーズンのTV取材が鳴りはじめた。

いよいよスタートの合図だ。

やってみなはれ、やらなわからしまへんで。


会津若松でLPガス出張講演

 いよいよこの日がやってまいりました。

私のやっている「プロパンガスのレンタル」が全国的に有名となり

北海道を飛び越えて、他県からも講演依頼のオファーが届くように。

実は数年前にも地元をはじめ、他の県からお話を戴いておりましたが、

全て断ってきたのも事実です。忙しいのと、自分はそんな身分じゃなく。

でも、震災を経験した東北の福島県、そして、昨年は北海道も震災を。

講演する時期が、ちょうど北海道の震災から丸1年ということあったり、

会津若松のLPガス協会担当の方から、本当に熱いラブコールを頂戴したので、

人生初、最初で最後の講師となること決意しました。

時間も無いので、1泊2日で。弊社のスタッフもマネージャーとして同行。

スケジュール時間の配分もあり、飛行機は新潟空港を利用しました。

空港に到着すると、「本田燃料トッチ様」と掲げる担当の方がお待ちです。

送迎を受けて、100キロ以上離れる会津若松へいざ!

地元の名物、ラーメンやソースかつ、温泉や歴史的建造物などを堪能後、

いよいよ、初の講演会となります。

題名は「ニッチなマーケット・LPガス質量販売でガッチリ!」ですって。

担当事務局長にお願いして任せてました。

簡単に言うと、弊社がやっているプロパンボンベの販売・充填・レンタル事業の

内容や、ノウハウ、始めようと思った経緯や現状などを講演するというもの。

4,50人のプロパンガス販売店の経営者や協会の方々、業界新聞メディア方々

が来場しておりました。尺はおよそ2時間の講演という感じです。

人のセミナーとか、講演を聞くということに自分自身が全く興味が無く、

LPガス関係の講演もほぼ不参加でしたし、面白くないので寝てしまうことも。

そんな私ですから、今まで依頼を受けてもずっと断ってきました。

でも、自分が講師という立場を経験するのも、人生観をしての「修行」と捉え、

我流の講演スタートです!

ただ話すのもつまらないので、私の方からも名指ししたり、質問したりしました

ですからディスカッションする場面や、本音をぶつける場面も多く、

なかなかの情熱的でスリリングなバトル講演になったようにも思えます。

参加している方々も、急にマイク持たされたりするので、寝てる暇がありません

私も、なんせ初めての経験ですから、早口になったり、文がまとまってない事も

質問も多く、意欲的な方々も本当に多くて、良かったなぁと思いました。

人を笑わすことには、若干長けておりますので、楽しく面白い雰囲気作りも。

無事講演終了。拍手をいただき、懇親会も開いていただきました。

2,3次会まで御接待いただきましたが、この場でも多くの方々から

たくさんの質問や意見、相談などを受けました。

飛行機代はじめ、送迎に宿泊、宴会に接待、お土産に謝礼までいただき、

しかも、スタッフの分まで手当してくれましたので、本当に感謝です。

「社長」や「会長」、「部長」という呼ばれ方は経験ありますが、

「先生」と呼ばれるのも、なかなか気持ちが良かったなぁ。という本音です。

題名に「ガッチリ!」と入ってましたので、宴の途中でそんな集合写真を。

本当は講演終了後に出席者全員で撮影すれば良かったな、と少し心残りです。

数年後、今回の講演を聞いた販売店の皆さんがどうなったか、

その後の「本田燃料電器」の成長はどうなのかも楽しみですね。

また、そんな形でお会い出来たら良いなぁと思いました。

会津若松の皆様、本当にありがとうございました。

せっかく新潟まで戻りましたので、昨年も訪れた弥彦神社へ参拝を。

増子禰宜が私たちを社殿にご案内してくれました。ゆっくりお話しもできました

あっという間の研修旅行も無事終了。 沢山の良い経験が出来たと思います。

スタッフにもなかなか味わえない経験をさせてあげれたかな。

6年前の弊社の新聞記事を見て、ずっと温めて、オファーしたと言ってました。

今までコツコツやってきたことが評価され、そして今回の講演がある。

小さなニッチな商売ですが、自分がやってきたことに更なる自信が持てた、

そんな感慨深い地方講演となりました。






祭りイベントガス

 いよいよ今週末は、本年度最大級のガスレンタル事業となる。

小さなガスボンベレンタルや新ガスボンベ販売、ガスボンベ充填に加えて、

企業様感謝祭へのイベントガス、そして2大イベントガスレンタルも掛け持つ。

大きなイベントはガスが50本以上出るので、ボンベの確保や、部材の仕入、

事前の準備が本当に大切である。今回は人員、レンタカーなども増やした。

ガスボンベの重量販売は法律や資格、請負責任、企業コンプライアンスにより、

使用者との直接取引が基本となっている。主催者側がなることもあるが、

資格がなく、必ず供給前点検もあり、万が一の事故や応急処置に対応できる

LPガス重量販売店との契約がほとんどだ。北海道で弊社もそのひとつである。

さあ、たくさんのガスボンベが納入された。弊社で取り扱うレンタルガスボンベ

大きさは10キロボンベが最大である。お祭りの露店で目にする縦長は無い。

20キロボンベは高圧ガス法車両以外は法律上公道を運搬走行出来ないからだ。

現在のところ、運搬している露店、それを販売しているガス業者もいるが違法。

これから先、この点も消防機関と警察機関の取り締まりが一層強化される。

ガス会社が運搬可能な車両にて現地配送・回収している素晴らしいお店もある。

これだけ大きなイベントなのだが、市民祭りなので売り上げも利益もあまりない

時間と労力を考えたら合わない。では、何でやる?のか。

それは、「皆やらない」「求められている」「地域・社会貢献」だからである。

誇りを持って「本田燃料」という金看板を背負ってるので、そこまでやる。

ただ、イベントガスは週末がほとんどなので、土日が仕事となる。

平日も仕事なので、丸1日の休みは取れない。

それでも、時間作って楽しんでいる。お笑いやお神輿だって少しは。

地元ススキノも屋台のガスレンタルと点検・検査を終え、私も山車の上で休憩。

大勢の担ぎ手、観客が集まってきた。山車の上からの眺めは最高だ。

本当の気持ちは仕事もキッチリやりたいし、お祭りも全部参加したい。

地元っ子だし。神輿担ぎの会だし。町会の山車部長だし。仲間だらけだし。

祭りも最高潮に。こんなススキノの景色、なかなか皆さん見れないので撮影。

3日間、快晴で猛暑のまま、各地域の祭りイベントが終了した。

終われば、ガス撤収に機材清掃。夜中まで続く。

ほとんど寝ないで、早朝から地域イベントガスレンタルだ。

設置・点検後から回収までの空き時間を利用してハーフマラソン参加。

32℃の猛暑のなか、フラフラになりながら完走した。

マラソンを終えて、ガス撤収し、会社まで運転。 かなりハードな週だった。

でも、会社も自分もスタッフも、また一歩成長できたような気がする。

ホントやりがいがあり、楽しい。笑顔が出る。そして、輝いている。 

うちの仕事、「楽業」だ。


プロパンガス三昧

 学園祭シーズンも中盤に入りました。まだまだガスレンタルでの野外調理を

やったことがない高校なども多いものです。これは口コミやWEBなどのSNS

を最大限フル活用して、オススメしていきたいです。ホント最高ですから!

生徒も教師もみんなで楽しくガス調理イベントです。

使用方法もしっかりとレクチャー。 元気な声と、笑顔でいっぱいになります。

自分が推し進めてきた方向性が大きくなって、それが結果として商いにもなる。

「笑顔を生む商売」「感謝される商売」「未来が明るい商売」「楽しい商売」

これを柱に「楽業」としてこれからも頑張っていきたいと思います。

仕事を楽しく思い、幸せと感じ、そして日々を感謝すると、

自然と人は集まり、自分にとって大切な方や、優しい方が周りに集まりますね。

風邪がうつると同じように、笑顔もうつるものです。

「笑顔の感染源」とまではいきませんが、良い人の輪をこれからも。

そして好調のLPガス発電機。 850W発電タイプは11万くらいです。

ガスボンベと税金など合わせても15万弱ですので、お買い求めやすいですよ。

個人様、そして企業様にも防災備品としておすすめします。

30万円未満の少額減価償却資産の損金算入としてどうですか?

こちらは2200Wまで発電できるLPガス発電機です。

なんと超低騒音で、950W用よりも静かです。価格は30万くらいです。

このクラスまでいくと、何かあっても住居まるごと通電できそうですね。

まあ、昨年の震災時での停電では850W用で弊社は救われましたし、

地域の困っている皆様に充電サービスなどもできましたしね。

備えあれば憂いなし、ガソリン用のような手間やメンテも要らないですし、

10℃で使用が出来なくなるカセットガス用とはレベルが違い、

気温がマイナスでも問題なく運転します。北国にはもってこいです!

が、弊社の仕入れ分は只今「完売」です。メーカー様にもお願いして、

北海道で最優先にしていただいておりますが、上手くいけば来月1,2台かも。

受付予約をプライオリティとさせていただいてますので、お早目のご予約を。

持ってて損はない、本当に良いものですし、いざ!という時の救世主はあなた。

どうぞご用命ください。 詳しくは011-511-5721まで。

さあ、今日もキッチンカーのガス販売と検査です。

数年前からガスボンベ依頼や販売需要が多くなってきたキッチンカー。

今年は本当に多くのユーザー様とお取引をさせていただいております。

弊社にとっては、更に伸びそうなLPガス部門の1つとなってきております。


ということで、今回のプロパンガスのお話はこれでおしまいです。

今日は元気に「朝カリー」です。新潟県の燕三条で購入したお気に入りの

食器とスプーンで。カーブが美しくて愛用しております。

それでは、また次回お会いしましょう。


祝 誕生日

 本日で満四十四歳を迎えることが出来た喜びを、ここにご報告いたします。

そして、その日を仕事の繁忙日として過ごすことが出来ることにも感謝します。

この時期、毎週末がイベントや学園祭でのレンタルガスで忙しく、

平日は平日で、多忙な日々を送っております。 描いていた理想に近づきつつ。

近年の目標としては、「冬場と変わらない忙しさを夏場に」です。

その時に見る景色で、もうワンステップを計りたいと思っております。

遊ぶときは思いっきり遊ぶ、休む時はしっかり休む。

だからこそ、働く時は全身全霊で! 

そんな中でも、地域活動にもできるだけ参加をしております。

昔の半分も出席することはできませんが。 月に1,2回の息抜きですかね。

仕事を休んでご奉仕すると、数字に出てしまう。これが零細の商店です。

だからと言って、全てを商いの日にしてしまうのも野暮のような気もします。

まあ、それだけ仕事を掴むというか、仕事ができていることには感謝だけです。

お取引いただいているユーザーの皆々様、本当にありがとうございます。

コツコツ真面目にやっていると良い事もございます。

ガスレンタルの事業が人から人へと口コミで伝わり、大きなイベント依頼も。

一般的にガスボンベのレンタルは1,2本が多いのですが、

学園祭で10本弱、集客数の多いイベントでは30本ほど出ます。

この時期、週末は掛けもちとなる事がほとんどです。

数年前は札幌のみでのガスレンタルでしたが、最近はさらに広く展開してます。

地方へ伺い、現場に駐在する出張イベントにも力を入れております。

「本田燃料電器に依頼し、つながれば、北海道のどこでもLPガスが使用でき、

どこでもLPガス調理イベントができる」。これが私の目標であり夢です。

キャンパーにとってのガス充填やレンタル、工事業者にとってのバーナーガス。

北海道になくてはならない企業に育て上げたい!

弊社の企業理念である、「情熱」「誇り」「誠実」。 

この素晴らしい理念のもと、これからも商売を通して、

経済・地域・社会に貢献していきたいです。






プロパンガス LPガス

 札幌も平均気温が20℃を超え、いよいよ夏らしい日が多くなってきました。

只今、本田燃料電器ではガス工事やレンタルの真っ最中。ガス繁忙期突入です。

店頭に並ぶ大量のボンベ。早朝から充填工場便の待ちです。

弊社では祝日以外の火・木の早朝に指定の充填工場へ向かい、夕方完了です。

プロパンガスとLPガス、呼び方が違うだけで同じです。

私個人的には、昔から「プロパンボンベ」と呼んでるので愛着がありますね。

弊社ではこのボンベを①販売(ボンベオーナー) ②充填(チャージ)

 ③レンタル(最大1ヶ月)と3つの業務を行っております。

今回はこのボンベをイベントにレンタルし、ガス調理機器に接続して・・・

このように楽しいお祭りイベントでワイワイ盛り上がります。

縁の下の力持ち的な、笑顔をプロデュースする仕事でもあるんです。

配送や出張の時間コスト、ガスボンベ保管や資材仕入コスト、点検や検査など、

トータルで「合わない」と考える業者さんも多いし、行政や業界が縮小方向へ

進んでいるのは事実。ガスという単語で「危険」という意識もすぐ出てしまう。

しかしながら、キッチリやっているので、安全で楽しい場面をクリエイティブ!

弊社はこれから先も推進していこうと思っております。

札幌でも老舗燃料店なので「元祖」プロパンガスボンベ屋さん的な。


簡単なフライヤー(揚げ物器)での唐揚げ調理取材です。

TVを見た方から「ボンベに本田燃料って出てたよ!」と。

ありがたい事ですね。さらに取材クルーやイベント関係者さんたちからも

弊社を認識してもらえたり、アピールできる場面でもあります。

終われば撤収作業。そしてボンベを綺麗に清掃します。これが大切なんです。

感謝の気持ちを込めて。弊社のマスコットキャラ「がすぼん」はここから誕生。

充填場へ向かう日までに時間があったので、せっかくなので地域にご奉仕を。

町内のお祭りも近いので、山車部の皆さんとジンパ(ジンギスカンパーティ)。

山車の飾り付け後に、野外でガスコンロとボンベで。

私が山車部長、今回皆様はガスレンタルモニター様ということで使用サービス♫

あっという間に設置でき、すぐ調理、すぐ食べることが出来ます!

そして、消火もあっという間。この手軽さがプロパンガスボンベの良さです。

プロパンガスの仕事はまだまだございます。

キッチンカーのガス検査は勿論、家庭の配管供給ガス工事なども。

発電機も好評で、優先的に仕入れも出来てます。

このLPガス発電機、非常に使いやすく、仕事の現場でも、プライベートでも

いつも大活躍! 1台持っていると、必ず役立ちます。是非ともご用命を!

この住宅用ガス配管工事、時間あるとき1軒ずつ頑張っております。

まだまだあるので、今月もかなり多忙な日々となりそうです。

今回は珍しく、ずっとお仕事の日記でした。 おしまい。

3月の終わりに

「今シーズンの灯油も終わりに近づいているなぁ」と、寂しく思う今日この頃。

毎日10数件、多い時には40件ほど鳴る電話も、最近は数軒の問い合わせとご注文。

弊社にとって、これからの春は・・・「商売の冬期間」でもあります。

しかしながら、灯油の定期配送は来月まで続きますので、それなりにお仕事は充実しそうです。

そんな頃、ジャニーズのNEWSでしょうか、イベント灯油のオーダーが入りました。

大きなコンサートは、野外にグッズの販売コーナーを数日間設置するので、

寒い札幌、まだまだストーブは必要でしょう。 弊社としてはこの時期、本当にありがたい事です。

今シーズンは2月のタンクローリーの故障くらいで、大きなトラブルや事故もなく仕事が出来ました。

灯油価格は高値安定で、売り手側も買い手側もなかなか大変だったと思います。

また数年前の5,60円台まで下落し、価格が戻ってくれることを願うばかりです。

今日は近所のホテルでランチです。 弊社は中心部なので近所にはホテルが多く、

ちょっと時間を作ってお出かけをしやすい場所です。

ホテルレストランなので、ホールスタッフの気遣いや受け答えなどの質も良く、

衛生面にも優れ、尚且つランチなので価格も安心。

そして何より美味しい。 うーん、良い場所で生まれたものです。

これからの春・夏・秋はイベントや学園祭、町内会などでプロパンガスボンベのレンタルが忙しくなります。

安全に使用していただくために、機器のメンテナンスや交換修理も。

この部材はガスに接続する調整器用ヒューズコックですが、年に数件ほど破損があります。

ガス漏れや事故につながることは無いのですが、簡単に壊れる部材でもないので、

使用者の取り扱いに対し、注意勧告と最周知の徹底指導をします。

勿論、破損の費用は戴きますが、お金よりも安全にやさしく使用してくれることが第一です。

行政からの指導や条例や規制でほとんどのガス販売店が重量ビン販売をやめている中、

札幌でも、今ではこの商売を一生懸命やっている所は、おそらく弊社だけじゃないかなぁと思います。

ですから、使用者みんなで協力し合って、事故無く、今まで通りに楽しいお祭りやイベントなどの行事ごとを

これからも継続していきたいものです。

そう考えると、弊社は個人店ではございますが、ユーザーにとっては「みんなの店」みたいな感じかもしれません。

みんなの店、大衆店・・・そんなことを考えると、近所の美味しい焼肉屋さんに行きたくなりました。

僕が子どもの頃から通っている焼肉店。 ホント美味しいですよ。

今日も満席でした。予約しておいてよかったぁ。 旨い・安い・早い+衛生面もしっかりしてます。

ジャンルは違えど、色々と勉強になります。

よし、頑張りますか!

温故知新

温故知新という言葉は、老舗の燃料店という商いを継いでいるオイラにとって

本当に心に響く、良い言葉である。

最近の目まぐるしく動く世の中で、次々と新しいものや流行が出ては消え、

ちょっと盛り上がると、みんな真似をして、そしてすぐに飽きる。

人様の商売をどうだこうだとは言わないが、型というか、軸というか、定まってないなぁ、そのうち淘汰されるか、消えるだろうなぁ、

そんなことを思いながら、月日の経過で思った通りになっていることが本当に多い気がしてならないのだ。

 

 

弊社の看板商品である、LPガスボンベ。 昔はプロパンボンベと呼んでいた。

ガス業界でも、ボンベ販売をするところは本当に少なくなり、気づけば札幌でも本田燃料店がなぜか有名に。

ずーっと続けるということは大切なこと。 型がしっかりしているからこそ、型破りになれる。 そんな芸事の世界の言葉を思い出した。

たまたまレンタル事業の方と仕事で携わったとき、「ガスレンタル」という言葉、そして事業を思いついた。

仕事での温故知新、そのものだ。

 

 

休日、倅と札幌の老舗ラーメン店を訪れた。

オイラが小学校の時に初めて訪れてから早30年。 建物は新しくなり、とても綺麗に。

 

 

ここは味噌が有名なのだが、オイラは醤油が好き。

それよりも

 

 

ここのチャーハンが大好きだ。 見た目は昔からある、普通のラーメン屋のチャーハンなのだが、それが本当に旨い。

最近は、色々なラーメン店も、試行錯誤なのか、こだわり過ぎて、苦手だ。

瞬間、巷で一世風靡してもすぐに飽きられる。 TVでよく見るお笑いや芸能人と一緒だ。そう考えると大変な世界だ。

でも、やはり、昔から続き、そして今でも健在しているということが、実は本当にすごくて、世の中が何となくでも必要としているのだ。

 

 

そう思ったら、自分がその昔、一生懸命に作ってたガンダムのプラモデルを倅と一緒にやってみたくなり、

楽しさを伝える、教えるというか、自分がやりたいのもあるのだが

 

 

楽しく遊ばせていただいた。

最近のプラモデルは3000円もして、内容も細かく、やたらとこだわりがある。

オイラが作った小学生の頃は300円だった。そういえば、その頃は当たり前だが消費税なんて無かった。

 

 

楽しいひと時を終え、今宵は甕焼酎を。

酒を飲むと、色々なことを考える。

仕事のこと、家族のこと、人付き合いや対人関係、そして自分自身。

いつも思うのだが、正直に、そして自分を大切に大好きで。

なんだかんだ、面倒なことが多い生き様だが

 

 

オイラは幸せだ。

それは、本当にいつも思っている。

おやすみ。