灯油

集中仕事期間

弊社の仕事は季節によって波がある。

11月から3月の売上が年間売上全体の7割。残りの7か月で3割しかない。

売上のほとんどが灯油販売。その次にLPガスとなる。

今月も大きな現場や商業ホテルなど、かなりの灯油販売量をマークした。

それも今月で終了。名残惜しいが、春がやってきたら、売りたくても売れない。

今シーズンは準ゼネ、地場、地方と、3社と掛け持ちでお取引させていただいた

工事現場は飛び込みアリの待ったなし。他の仕事ともあるのでなかなか大変だ。

しかしながら、新しい構造物に仕上がってくる過程を見ながら仕事ができる。

一般家庭のホームタンク給油や、アパートやマンションのポリタンク給油、

細かい作業はなかなか大変だし、思うように売り上げも伸びないが、

必要とされるし、少量配達はユーザーに感謝されるので有り難い。

うちの仕事は、お金儲けをしているのではなく、社会貢献が第一。

需要があり、世に必要とされ、仕事ができ、正当な利潤が生まれる。

それにより、地域貢献や社会貢献もしっかりできるというものだ。

気が付いたら、今月も半分が終了。一日一日は本当に長いが、

それでも、あっという間のような気がする。3月が名残惜しい。

3月は今まで以上に仕事に集中しようと思っているので、ほとんど遊ばない。

コロナや自粛解除などは、自分には関係なく、外に出たいときは出る。

出ないときは出ない。決めるのは自分。誰にも束縛や文句は言わせない。

ちょうど3・11だったので、被災地の酒と肴で夕食を取った。

最近、どの月もLPガスボンベユーザーからの依頼は本当に増えてきた。

それほど売り上げは大きく伸びないが、それでもサブ仕事からメインに昇格。

やってて楽しいし、新しい出会いも多い。さらにここでも本当に感謝される。

多分、うちでやっていることはオンリーワン的な存在化していってるので、

ここでも、自分や会社、仲間、ススキノ、札幌、北海道を全国にアピールできる

そんな現実があり、そして更なる飛躍的なイメージも持っている。

ヨドバシやコストコから北海道エリア店として支持を貰っていること、

なんだかんだ年間数回は必ずTV取材や新聞取材を受けて放送されること、

灯油やLPガスボンベでのWEBが強いこと、

そしてこれからは、キッチンカーやキャンピングカーに絶対的な支持を狙う。

全てはキッチリと真面目に仕事をしている事と、その真剣さと熱意。

まあ、仕事の大きさは本当に大したことない会社かもしれないが、

弊社・・・自分で言うのもなんだが、本当にスゴイし尊敬している。

やはり、会社の大小ではない。その中身、内容だ。

そしてそれは全て、その人であり、その意志、その心である。

※近所で火事がありました。火元は1Fのタバコ不始末。室内は全焼。

いち早く駆けつけ、避難誘導と情報収集、ホース巻き撤収を手伝う。

消防隊の早急な対応と救助で、煙まみれの中、全員救出、死亡者ゼロ。

弥生のはじまり

いよいよ3月が始まりました。

灯油シーズンもラスト月となります。忙しいのもあと少しかな。

弊社の店頭販売では、主に灯油とガスボンベがメインとなります。

それに関連する商品も多数あります。更にガス商品は決済額も大きくなります。

現金決済の方も多いですが、持ち合わせがない事や、時代に合わせて、

クレジットカードは勿論、スマホ決済などのキャッシュレス化が進みました。

今月はペイペイ利用でキャッシュバックがございますので、是非ご利用ください

そして・・・いよいよ今月中に配達灯油もペイペイやクレジット決済可能に!

札幌の灯油配達なら本田燃料電器をどうぞご利用ください。

今シーズンは少雪かなと思いきや、この数日にドカッと大雪。

皆さんにとっては嫌な雪ですが、弊社にとっては「神雪」とも思えます。

というのは、融雪関連で灯油需要が大幅に伸びるからです。

それでも、あまりに多いドカ雪は、交通麻痺になってしまい、結果仕事できず。

何でもそうですが、バランスはやはり大切ということでしょう。

大雪で気を付けてほしいのは、暖房機の排気筒です。

排気は屋外ですが、積雪で埋まってしまい、事故や故障などが起こるので要注意

しっかり点検し、リスク回避してくださるようお願いいたします。

野外に設置しているガスボンベ周りは除雪をお願いします。

そして、一番大切なのは屋根の雪庇での落雪注意です。

万が一、ガスメーターや配管に衝撃が起これば、ガス漏れ、ガス爆発の大事故!

使用者の重大な責任というよりも、命も落とす危険性がありますので安全第一。

そんな保安徹底で弊社も商売を続け、今年で創業81年を迎えます。

私は四代目の代取として日々商い道に真っしぐらですが、

あと15年くらいで次に代を継承したいというビジョンがあります。

その時は、自分の家族からか、親族からか、他人か、M&Aからか、

色々ございますが、世に敏感にアクティブに新鮮に生きれるのはそのくらいかと

気づけば、もうすぐ50歳。ボーっとしてても還暦は目の前です。

ですから、本気で世に貢献でき、良い仕事ができる頭脳は逆算して20年弱。

そう思えたとき、日々が大切で、時間が足りなく思え、更に一期一会の精神に。

良い人生を送って死ぬも良し。我がままに生きて死ぬも良し。

限られた命の中で、己とどう向き合い、どう生き抜くかで、

最後に見せる「顔」の表情が変わっていくもんなのかな、と。

この考え方も、仏教だなぁと、最近はやたらと仏教が好きになってきました。

笑い飯の哲夫じゃないけど、仏教マニアも楽しいですね。

さあ、今月も自分にできる最大限で精進し、とにかく生き抜こうと思います。

1円でも多く、売り上げを出して、少しでも社会貢献できる会社でありたいので

皆様、どうぞ弊社に力をお貸しください。宜しくお願い致します。

もうすぐ春がやってくる

皆そうだと思うのですが、コロナ禍のこの現状と自粛生活、

感染数を日々ニュースで確認し、したいことも出来ない日々。

そして社会情勢などの政治・経済不安や雇用問題などなど、

オリンピックに対しても期待よりも不安の声が多い現実。

人それぞれが、色々な思いのなか、自分で決め、自分で忖度し、自己責任。

人の行動や考えが合わないと、何ともため息が出てしまうことも。

本当に息が詰まりそうになったり、この世に嫌気が差したりしますね。

それでも、皆さん頑張ってます! 立派だと思います。 すごいと思います。

まだまだ寒いですが、2月も間もなく終わり、いよいよ3月です。

確実に春がやってきます。入学試験を見事に合格し、新しい未来が待ってます。

木々も芽を出し、花々も咲き始めます。ワクチンも普及され、感染も減ります。

景色や匂いが変われば、気分や話題も変わってきます。

今は、そんな明るい未来に期待しつつ、仕事や役目をしっかり全うしてます。

そうそう、3月から灯油価格を値上げさせていただきます。

景気と株、先物取引により結構、大幅に上がりますが、暖房もあと1か月です。

お金持ちや投資家での操作っぽい値上げが彼方此方にみられる昨今ですが、

この現状も、そう長くは続かないと、私は考えております。

先日、お寿司屋さんへ行ってきました。 本当に久しぶりのこと。

スーパーの寿司コーナーや回転寿司がいつも人で賑やかなのに、鮨屋は暇。

札幌でみると、ススキノに店を構えている鮨屋は本当に厳しい現状ですね。

でも、大間産の天然まぐろなんて、お寿司屋さんじゃないと食べれないので、

本当に美味しかったし、幸せな気持ちになれました。御馳走様でした。

仲間と集まってワイワイ、会合や祝宴は当然のことながら、現在禁止してます。

でも、「ソロ飲食」「黙食」はこの時期でも世の中で推奨されており、

私もこの流れに乗ってます。一人で行くからこそ、「本物の味」「良い店」を。

飲食店だけではなく、どんな業種もそうですが、「本物」は生き残ります。

ただ、「本物」は自分で決めるのではなく、周りと時代と流れが決めるもの。

弊社も今年で創業八十一年、戦後・昭和・平成・令和と、この長い月日の間で、

数々の苦労や困難、変化や流行を経験してきたと思います。

気が付けば、WEBに対応し、カードやスマホ決済もスタンダードに。

代表もスタッフも若返り、これからは更に20代を雇用しようかと。

それでも、取り扱う商品は「灯油」「プロパンガスボンベ」で。

百貨店の全国うまいもの大会で購入する浅草のりや、かねすえのわらび餅も、

やはり相変わらず昔から変わらず好きな商品です。これに似たような感覚です。

「昔から本田燃料」「本田さんなら何とかしてくれる」この言葉に感謝です。

「別に本田燃料じゃなくても、どこでもいいんだけど、せっかくなら・・・ね」

長い年月を経ても零細商店のまま細々と生き続けておりますが、

あと二十年はやりたいと思いますので、どうぞ御贔屓に宜しくお願い致します。

経済社会に不必要になったり、社会貢献ができなくなったり、

赤字を出すようになったら、即辞めようとは思ってます。

逆算すると、私自身、どんだけ頑張ってもあと20年しか良い仕事ができない。

そう考えると、時間はとても貴重で、毎日毎日が生きる幸せです。

健康に気を付けながら、出会う人との時間は大切に、仕事は感謝しながら努める

気づけば、いつの間にか本当に「商い道」を志している「商人」となりました。

そして商人の道も、これがまた長く険しい道なので、

ここがある意味「スタート」なのかもしれません。

さあ、春がやってきます! 自分の人生、一生懸命に頑張ります。

長き如月

2月、如月。

今月も上半期をようやく終えたところだが、非常に長く感じる。

それは多分、仕事とトレーニングをまだ一度も休んでないからだろう。

更に、子たちが受験生ということもあり、日々の勉学に励んでいる姿に共感し、

自分もやるべきことを、休まずに続けてみようと意気込んでいるからだ。

しかしながら、「続ける」ということには本当に、体力も精神力も削られる。

仕事の日記帳や売上帳と同じように、トレーニングも日々記せば自信がつく。

今月は半月までの走行距離も160㎞。仕事も休んでないので売上も好調だ。

仕事内容のほとんどは、灯油配達。そしてそこにガスボンベ関連が追加される。

例年と違うのが、イベントがないので、ガスレンタルがほとんど無いこと。

ということは、出張もないので、仕事が札幌内と非常にマンネリ化する。

早く起きて、トレーニングし、朝から晩まで灯油とガスの仕事。これの毎日。

終わって、稀のリフレッシュといえば、近所の温泉に入浴すること。

歯を食いしばって頑張る毎日だが・・・やはりため息も出てしまう。

それでもこのコロナ禍。ほとんどの人が我慢しながら苦しみながら生きている。

自分も「健康」だということに日々感謝し、仕事があることに感謝し、

ただひたすらに、人生を全うしなければならない時期であると認識している。

宴会も会合も何もない今シーズン。感染防止対策で推奨される「ソロ飲み」を。

一人でカウンターに座り、黙食をしてみた。

これがなかなか悪くない。「酒」と「食」に集中が出来て、より深く感じれる。

ずっと黙って飲食していたかと言えば、そんなことはない。

カウンター越しで仕事をしている料理長と会話をしたり、

ペンと紙をいただき、これからの仕事内容や、新しいビジョンを考えたり、

やるべきこと、やりたいことなどを考えながら、メモを取っていた。

結局は場所を変えて仕事をしていた感じになってしまったのだが、

それでも、たまにこんなリフレッシュもアリかなと思った。

WEBの更新や口コミ、レビューの確認など情報収集も大切。

新聞やTVのメディア取材にも再び参加し始めた。

こんなご時世だが、常に前向きに。

後退は勿論、現状維持も退化と同じ。

そのくらい自分に厳しく考えながら生きている。

そして常に結果を出し続けなければならないとも思っている。

よく言われる、「どっかで止まる」「出なくなったら?」

そんなことは、その時考えればいい。

受験と同じ。合格しかない。これだけ頑張ってるのだから絶対合格。

親が信じてあげなければ、誰が信じてあげられる?

何かあったときは、その時に考えればいいのだ。

リスクや保険ばかりを考える方に、成長できてるためしがない。

性格、考え方は人それぞれだが、結局はそれが生き方、人生となっている。

自分で決めて自分で行動する。そして結果が出る。

要は自分自身、「納得できる」かどうかだ。

集中対策期間

非常に寒く、雪も多くなってきた札幌です。

コロナ感染対策期間も予想通りの2月中旬までの延長となりました。

札幌では、感染注意スポットが夜のススキノ飲食店と限定され、

早めに閉めて毎日2万が支給されるそうです。

このエリアで仕事に従事している私ですが、手当は全くありません。

仕事の供給先を他のエリアにスライドしつつも、やはりかなりの売上減。

早く、携わる商売をしている店にも援助金を出してほしいです。

そのエリアで商いをしている「零細商店」は本当に苦しいです。

ですから知り合いの飲食店の店主に御馳走になろうと思います。

まあ、他力本願ばかりを望んでいても、未来はないので、やはり努力です。

ハンドボールの後輩に販促用のシールを作成してもらいました。

このシールを灯油タンクやストーブ、ボイラー機器、ガス機器などに貼る。

弊社をすぐ思い出せたり、他のユーザーにも弊社を知ってもらういい機会です。

商売を広げる=未来への繁栄=堅実な経営=社会への貢献=奉仕活動が可能

と、こんな気持ちでいつもお仕事をやっております。

付き合いや視界が狭くなったり、マイナスな事を考える事ほど損なことなない。

やはり、いつもポジティブ思考で生きていきたいものですね。

同業他社の仲間(私にとっては敵ではない)が代表取締役に就任したので祝花。

喜んで電話がきましたが、同年代ということもあって、とても嬉しいです。

弊社より10倍以上も企業規模が大きいので、それだけ期待も苦労も多いかな。

今は宴を開いて乾杯することができないので、今後の楽しみに。

今は、只ひたすらに仕事にお互い精進しましょう。

うちらの仕事は「世に必要である」かつ「必ず需要がある」ということ。

頑張って、みんなの力を合わせて、この札幌、北海道、日本を支えましょう!

でも、ずーっと仕事で、ずーっと家の中では少々辛くなってしまいますね。

でも、ワクチンや抗生物質ができるまでは感染が怖いのは事実です。

一度陽性者になると、再陽性もあり、キャリア患者となり、敬遠されます。

仕事を一生懸命やってて、気を付けてても、不可抗力で罹ってしまうなら、

まだしも、飲み歩いて感染したり、レジャーやバス旅行で感染したらアホでしょ

早く東北、関西、名古屋、福岡、中国、四国、沖縄・・・行きたいです。

今は我慢。東京含め関東は・・・うーん、気が進まないのが本音ですね。

さーて、今日も仕事です。頑張りましょう!

盡人事而待天命

正月早々、私にも苦難が訪れた。タンクローリーの故障だ。

無休で働いても、毎日30件以上は配送スケジュールがあると言うのに

朝から何かの原因でエンジンがかからないのだ・・・。

近所の自動車整備会社から数名のスタッフが応援に駆けつけた。

困っているこういう時に、とりあえず来てくれるだけでも多少不安が和らぐ。

しかしながら、改善できずにロードサービスでディーラー修理工場行きとなった

一瞬、「これ、本気でやばいんじゃないか!?」とも脳裏に浮かんだのだが、

こんな時こそ、冷静かつ最善を尽くすのみ。「人事を尽くして天命を待つ」だ。

代車のないタンクローリー、支店にすぐ連絡し、スケジュール調整を依頼。

支店での灯油配送業務をタイトしてもらい、空いたタイムシフトを全て埋めた。

さらに、例年にはない寒さとコロナ禍による同業他社の休業日設定。

「切れそうだ」「切れた」「助けてくれ」「電話がつながらない」などなど

本田燃料電器にはこんな状況下にも、他社のユーザーから給油依頼が入るのだ。

そんな時こそ、慌てずに「どうしましたか?何とかしましょう、大丈夫です」

と、全く大丈夫ではないのに、そう答えてしまう私は、サービス精神というより

やはりホスピタリティそのものだろうと、自らを改めて確認できた。

弊社のローリー各車は大学ハンドボール部の後輩から購入したこともあり、

この緊急事態に即座に対応してくれた。しかも問題個所の発見と修理まで数時間

さすがトヨタ。そしてディーラーの整備士スタッフだ。ホント尊敬する。

大学ハンドの指導者時代の教え子に世話になる、これもまた嬉しい限りだ。

そう思うと、私は本当に「人」「縁」「絆」「心」「想」などで支えられている

そこに「時」と「金」が上手く絡んで、人生を歩んでいるような気がする。

丸1日ゆっくりと休んだ本店ローリーも、いよいよリスタートできる。

非常に満足だ。この困難をプラスに変えることができそうだ。

顧客満足度を見習い、弊社も更に向上していく所存だ。

スタッフもやる気満々だ。ホスピタリティにより従業員満足度(ES)も高い。

巻き返しじゃないが、更に向上のため、各パートごとに分業して効率化を図った

大口給油や人員が2名必要なポイントはタッグを組みながら。

そんな中でも、北海道エネルギー、生協、OO石油などなどのユーザーから、

「連休は電話もつながらない」「配送スケジュールの変更はできない」など、

正月明け、そしてこの連休は、本当に困っているユーザーからの電話が入る。

ある程度大きな会社ほど、当たり前だが業務も考え方もサラリー化してしまい、

システム化の中で融通さやフットワークの軽さ、バランスやセンスさを欠く。

だからこそ、零細商店である弊社の真骨頂!なのだ。

会社概要にも記しているが、必要とされ、伸びてる会社はやはり「人」「心」。

弊社もそうでありたいし、更にそうなりたい、かつ、そう信じている。

そして、この状況下の中でも、実は取材を受けていた。

全く余裕はなく、記者からの取材中も電話注文が入るので、バタバタだった。

ただ、北海道新聞の朝刊は読む方も多いので気づいた方は結構いらっしゃった。

休みなしの仕事で、子どもたちと接する時間もほとんどない状態のダメ父親。

しかしながら、商店ということもあり、必死に働く姿や、頭を下げている姿、

そんな生き様というか、生身の姿は私もそうだが、幼い頃から目に焼き付く。

そんな娘も今年で二十歳。札幌は成人式が中止となり、本当に可哀想に思う。

友人たちとお祝いをやるそうだ。それでもいい、一生の大切な思い出となる。

何とか時間を合わせて会社前で10分だが、会うことができ、写真も撮れた。

地元の神社で、どんど焼きの炎を見たとき思った。

娘よ、一生懸命で集中力があるところは君の才能。

目指すこと、したいことがあれば何でも応援する。

炎のように、父である私のように、これからも熱く生きなさい!

成人おめでとう。

正念場

皆様、メリークリスマス!

例年ですと、サンタさんがこの時期は灯油配達をしながらチョコのプレゼント。

しかしながら、今年はコロナ禍ということもあり、中止致しました。

イベント仕事だけではなく、自分たちのアイデア性も止めなくてはならない決断

寂しい限りですが、感染者増大のなか、逼迫している医療事情ですので、

浮かれての「手渡し」「コミュニケーション」を極力控えようと思ってます。

Xmasのこの時期は、弊社はラストスパートの追い込みをかけている最中。

今年は現場仕事が各社入っているので、今が生コンを打つ年末最終段階です。

家庭用の灯油配達と違い、現場給油は時間調整と迅速さ、危険回避や安全性など

細心の注意を払い、業務に努めなくてはなりません。

この仕事をしっかりやると、互いに信頼性を認め合え、未来が構築されます。

他社にはないフットワークの軽さと、きめ細かい応用力が弊社の真骨頂。

本年も無事に現場給油スケジュールが完了いたしました。

これから大晦日まで残りの1週間は、ひたすら札幌市内の家庭用と業務用給油。

定期配送のシフトは勿論、毎日ドンドン入る灯油電話注文や、ガスボンベ依頼、

この時期でもご新規様からのオーダーは日々入るものです。

本当に有難いというか、長くやってると時代の変化や流れを感じるものです。

スマホやWEBから弊社を一本釣りは当たり前。出前のような灯油注文感覚。

HPやブログをお読みいただいているユーザーからは、

「あ!掲載されてる本物の本田さんが来た!!」「日記読んでます!」と。

そんな出会いや応援で、日々のハードワークもクリアできるってものです。

そうそう、この干し柿「市田柿」。昔からこの時期に食べているせいか、

なんとなく食べたくなる一品です。でも、1,2個で十分ですが。

小分けで売ってほしいけど、なかなかありませんね。

仕事の峠も無事、越えることができました。お陰様で札幌もコロナが落ち着き。

やはり、繁華街に人が集まらないと感染者数は減るという結果が出ました。

GOTOの影響と夜酒飲食の激減でこの結果が顕著に表れました。

さて、これからどうしましょうかね。来年はソロかペアでの行動がメインかな。

そして流れや時代は「夜から昼」。この流れを理解し、掴むものが未来を掴む。

そんな気もします。夏過ぎまでは相変わらず厳しいのかなぁ。

まあ、来シーズンも飲食イベントでのガスレンタル仕事も無さそうですし、

今季で伸びたり、大きく成長した業務、キーポイントになりそうな業務など、

この正月の間に、ある程度「来期の営業方針」を固めたいと思います。

それでは仕事に戻ります。

勝負の10日間

いよいよ弊社にとって毎年恒例の「勝負の10日間」がやってきました。

この10日間を制する燃料店は、シーズンを制すとも私は思っており、

全ての意識を仕事に全集中となります。

今年は昨年よりも灯油価格も安価ですし、札幌では降雪量も少なく運転しやすい

ロードヒーティングや融雪機での灯油需要は落ちてますが、家庭での使用が増加

やはりコロナ自粛での巣篭り需要が今シーズンは伸びるでしょう。

弊社も仕事の需要拡大に向けて、春から動いてきましたが、結果が顕著に。

地元がコロナで壊滅的な灯油・ガス減少となるのを予測し、地方販路拡大を。

建設会社からの工事現場依頼や、WEBでの新規ユーザー拡大、

更に口コミやレビューをいただき、PCだけではなく、SNSなどのスマホ活用

やらせなしは一切なしで、ユーザーから評価をいただきます。

勿論のことコメント内容は様々ですが、多くは好感を得てます。

仕事への熱意やプロ意識がお客様に伝わることで評価を得る、

その採点を見て、更に仕事意欲が出て、いい仕事ができる。

30日まで、毎日数十件の電話が入り、日々のシフトを組むのが一番難しいです

それでも必要としてくれるユーザーがいる限り、他店には出来ない弊社の強みを

この世にどんどん広めていけたらいいなぁと思います。

自分で言うのもなんですが、自分が客なら本田燃料で絶対買いたいです。

札幌で灯油を使用する方全てが、弊社のお客様になり得るし、なった方がいい。

おそらく、札幌で断トツ1番良い店だと思います。そのくらい自信があります。

いつもですとXmasイベントなどでチョコの手渡しなどをしておりましたが、

今年はコロナ禍ということで中止しました。それでも店内は可愛らしくしました

仕事というものは、常に楽しみながら、常に真剣にやることが大切だと思います

スポーツの試合前の「良い緊張感」を常に持ち、お客様とは一期一会の精神で。

自分が売りたいのを売るんじゃない、お客様が欲しいものを売るんじゃない、

お客様のためになるものを売れ。松下幸之助氏の言葉じゃないですが、

「この店、この店主と知り合って本当に良かった」こう思われるよう、

これからも商い道を精進していきたいと思います。

さーて、店舗オフィスオイルディフューザーのエッセンシャルオイルを変更。

こんなちょっとしたことが私の楽しみでもあります。

師走なひととき

「師走」のこの時期、本田燃料電器は一年間で一番多忙な日々を送っている。

灯油・LPガスボンベという2トップ商材が一気に需要を増し、

そこに輪をかけるようにガス機器やストーブ・ボイラーなど関連商材も売れる。

更に工事や相談など、これらに付随してくる要件で仕事が一気に膨れ上がる。

そこにオリジナルイベント「10日は灯油の日」というサービスデーを設け、

スタッフ含め、店全体に私は、さらに拍車をかけるのだ。

常に向上、常に飛躍。現状維持は退化に同じ。

そんな商売イズムの基、年末に大決算を迎えるわけだが、更に仕事が加速する。

ユーザーからの新規問い合わせや電話相談、そして注文オーダー。

今月のミッションは「コロナを味方(利用)にする」。逆境を味方に変えるのだ

今シーズンは全体的に「巣篭り生活」「自粛ライフ」そして「換気が大事」。

家庭での灯油・ガス・電気の消費需要がかなり見込まれる。

更に、換気対策としてサブヒーター(石油ポータブルストーブやファンヒータ)

などのスペア暖房などが活躍する。換気と加湿には石油ポータブルは最高だ。

備えあれば憂いなし。そんな言葉を思い出し、今月は全ての仕入れを拡充した。

こんな時期だからこそ、底力がある店として、やるべきことをやるだけ。

弊社だって、イベントが無くなり、ガスレンタルや簡易ストーブ灯油も大打撃。

更に飲食店や宿泊施設などの業務用ガス・灯油が見込めないこの状況の中、

荒れ狂う大海原のなかを、この船でどう舵を取るか常に模索中。

理想は「つべこべ言わず、逆境を味方につけて波に乗る」。正にこれだ。

自分がどう思っても、大多数が思ってることが「主流」となり「世論」となる。

だからと言って、それが正しいということではなく、自分の思いや考えは大事。

皆そうなのだが、「自分」をしっかり持つことが大切。

自分こそ、唯一無二のオリジナリティかつ貴重ということ。私はそう思っている

このコロナによってダメになる業種も結構ある。仕方がないことかもしれない。

反対に、成長し、伸びる業種もたくさんある。それが世の流れであり経済である

結局は必要であるか無用であるか。需要と供給なのである。

そんな中、半年間の構想と試行錯誤を繰り返し、新たなパーツをようやく発明。

取引先もメーカーも出来ないし、やらないということで私が開発。

法律の解釈や制限、コストなど課題も多いが、何よりパイオニア精神は大切。

できないをできるに。これが私、本田燃料電器「ホンダトシヒロイズム」。

これによって未来が更に明るく広がりそうだ。数千万以上の値がありそうだ。

仕事・トレーニング・趣味で頭脳と肉体を使い、睡眠も大切だが、栄養素も大事

頭を使うと甘いものが本当に食べたくなる。最近は酒も飲まないので更に。

さあ、師走の30%が先ず終了。序盤にしては仕事も売り上げも健康も上出来だ

ここからの中盤戦がある意味「鍵」となる。

さあ、仕事仕事。

灯油・LPガスのプロショップ

弊社は創業から80年続く燃料店。札幌の中心部に位置し、地区で言えば豊水。

中島公園、住宅街、繁華街ススキノエリアを持つ「豊水ススキノ連合町会」だ。

この地区は交通の利便性が良く、車は勿論、バスや市電、

地下鉄では「中島公園」「豊水ススキノ」「すすきの」と3つの停車場を持つ。

昭和時代の戦中・戦後・高度経済成長・バブル、そして平成から令和へと。

毎期の決算も、プラスマイナスを継続し、ここ10年は緩い右方上がり。

こんな無茶苦茶大変なコロナ禍でも灯油・ガスをメインに「花道」を突き進む。

電気や天然ガスに押され気味な世の中でも、弊社の灯油販売は伸びている。

理由は言うまでもないが、ユーザーからの需要があるから。必要だから。

数年前にTVの取材を受けたが、正にこれ。

大変かつ売り上げも低く面倒。細かい作業なので、同業者はやらない。

が、儲けというより人助けで始めたビジネスが、このコロナ禍で良績を収める。

なかなか大変ではあるが、お客様は感謝をしてくれるし、応援もしてくれる。

WEBでは励みになるメッセージやコメントも沢山いただく。

LPガス(プロパンガス)も同じ。弊社はボンベに目を付け、その需要を開拓。

現在では札幌は勿論、北海道で断トツというかオンリーワン的存在となっている

これも行政とガス業界が縮小・廃止方向へ進んでいるところ、真逆の発想。

最初は風当たりも強く、投資もかなりだったが、今では弊社の看板商品に。

さらに震災・停電を経験し、今ではこの世に重要視されるモバイルエネルギー。

そのガスボンベと併用して燃焼機器も大きく販売展開できるようになった。

イベントこそ最近はできないが、それでも防災商品として購入されたり、

コロナ禍での巣ごもりやライフワークでの需要拡大が計られる商品か目白押しだ

LPガス発電機・調理用鋳物コンロ・プロパンガスバーナー・BBQグリル。

最近は仕入れや流通も変わり、日本全国から。メーカーの営業と直接話をする。

地味で利幅もそう大きくない仕事だが、やりがいは大きい。

そこには需要と安定、そして絶大な支持があるからだ。

自分ができる範囲を先ずは死に物狂いで最大限やる。すべてはお客様のため。

それが結果、自分を高め、自分に返ってくる。

仕事は本当に難しい。悩む。でも、そうでなければ仕事ではない。作業・雑務。

色々偉そうな話をここに綴ったが、全ては自分に喝を入れ、追い込むため。

今年も残すところ40日。大晦日が決算だ。

この状況下、いや、この場に及んでも黒字で終わらす。

相当頑張らなくては難しいが、相当頑張れる自信が私にはある。

しかしながら、コロナに罹って2週間隔離されたら無理かな。

そのためには、栄養をしっかり摂って、しっかり睡眠をとる。

家庭で食べれない美味しいグルメは、近所のお店に作ってもらう。デリバリー。

おそらくステイホームが日本全国でまた始まるが、

そんな中でも、自分をしっかり持って、何とか乗り切りたいと思う。

深呼吸して、空を見上げて、そして前を向く。

さあ、今日も出発だ! 押忍。