LPガス

変化の年

今年は早い段階で、来シーズンに向けての様々な仕事内容を準備し始めている。

おそらく弊社にとっては大きく変化する年であろう。

昨年同様、気を引き締めて業務を遂行したいと思う。

今年もコロナの影響により、学校祭の模擬店や自治会のお祭り、企業は勿論、行政や地域のお祭りも無さそうだ。

ということは、調理ガスレンタルやイベントガスもダメという事。本当に参ってしまう。

燃料店にとって仕事が激減するサマーシーズンに数年前からコツコツと頑張ってきたビジネス。

投資した時間もお金も莫大だったし、これからようやく回収できるかなと思ってた矢先だったので、

ダメージは大きい。零細商店にとってはかなりな痛手である。

しかしながら、投資した資材や商品の償却は既に終わっており、借金があるわけではないので少しはホッとしている

これで、投資した借金がまだ残ってたら、それは本当に大変だったと思う。

今年も土日イベントは無いということは・・・逆を考えたら、2連休を取りやすくなる。

昨年同様、今年もこれからは第2第4の土曜日を休日とし、連休を作ることにした。

連休を取れれば、1泊2日の小旅行だって可能だ。

コロナに十分気を付けながら、正しい遊び方だってできるというものだ。

 

ようやく8キロガスボンベも多く納入されてきた。これで仕事が加速する。

キッチンカーやキャンピングカーからのガスボンベ購入予約も入ってる。

新しいユーザーからのガスボンベについての問い合わせも多くなってきた。

前を向けば、それなりに楽しい仕事も待っている。

そして時代というのか、店頭のキャッシュレス化だけではなく、

弊社は灯油配達での決済もクレジットや電子マネーが可能に。

来シーズンの灯油繁忙期には、更に多くの新規ユーザーと取引が見込まれそうだ。

できないをできるに。ユーザーにとって利便性があり、需要があり続ける会社にしていく。

ここ最近は、多くのお客様から、口コミやレビューでも本当に温かいコメントを頂いているし、

もっと嬉しいのは、同業他社様からの推薦やオススメ、そして友好関係が本当に多くなった。

昔では考えられないというか、もしかしたら弊社だけかもしれないが、良い関係を築けている気がする。

業界で「こうなりたい」を思ってたことが、ちょっと実現した。

さてさて、今宵は自宅で心ゆくまで美味しいお酒を戴こうか。

そして明日からは、およそ1か月の断酒期間だ。マラソン大会もあるし、心身ともにメリハリを付けたい。

仕事も生活も同じ、マイナスばかりを考えていると、狭いセコい考え方になってしまうものだ。

どうせ生きるならポジティブに明るく。気づけば沢山の笑顔が感染する、そういうものだ。

コロナ感染よりも笑顔感染。暗いニュースよりも明るい話題を話そう。

さあ、再びクイッと飲む頃には、札幌も桜が満開だろう。

 

 

新しい日々に向けて

4月に入り、この世の中はどんな感じでしょうか。

相変らずコロナウイルス感染に悩まされ、それぞれのエリアでそれぞれの考え方のもと、生きている気がします。

海外旅行なんていつになることやら、国内旅行でも、まだまだ難しい、そんな状況となってますね。

札幌も、4,5月のイベントは全て中止。6月の北海道神宮祭り、8月のススキノ祭りも中止。

弊社のサマーシーズンのガスレンタル仕事も、イベント無につき、ほとんど無い状態です。

どうしましょ・・・今までは休みがなくて苦しかったのに、これからは仕事が無くて苦しい日々。

まあ、不安がってても仕方がないです。上を向いて深呼吸、深呼吸。

それでも、多少なりともご新規様や、リピーターの方、

灯油・LPガスならと、弊社を紹介してくださる方などで、何とか希望をつないでおります。

未来への希望といえば、この次世代LPガスボトル。

ユーザーからの評価も高く、今年も更に力を注ぎこもうと思っている商品です。

今年もキッチンカー・フードトラックをはじめ、調理用としてLPガスボンベが多く販売される兆しも。

在庫切れだけはしないように、しっかり仕入れにも力を入れなくてはなりません。

まあ、弊社の商材というものは、期限年数はあれど腐るものではないし、そこは楽かもしれません。

が、1つ1つの仕入れ価格単位は結構大きいので、すぐ百万近くと高額になります。

弊社で1番よく売れる昔からの商品です。燃焼器は弊社でも他店でもWEBでも何でもいいですが、

必ず使用前点検が必要となります。ですから、持ち込んだり、出張して伺ったり。

その時に使用についての契約書を交わして、安全に使用する責任を背負ってもらいます。

このパターンもよく売れます。ガスバーナーはアスファルト舗装や融雪・解氷作業などに使われます。

ガスボンベには保管時や運搬時の漏れ防止プラグを義務付けております。

プロパンバーナーは名古屋、ガスボンベは広島、プラグはアルプス市から仕入れます。

で、これが最近イチオシのガスボトルです。強化プラスチック(FRP)で出来てるので何より軽い!

全てがカップリングのカチット構造なので、ガス漏れも無いし、使用上は安全です。

私が好きなところはデザイン性と中身がみえるところ。持っていると差がつく商品です。

屋内外での使用が可能ですので、家庭でアウトドアで、さらには緊急時や非常時にも役立ちます。

重たくないので、女性の方に優しい商品ですね。

東北は桜も満開。良い季節です。今年の桜前線は早く、札幌も今月中に開花するでしょう。

札幌、ススキノは観光客も最近は疎ら程度ですので、感染も縮小傾向でしょうか。

それでもみんなで感染防止に力を注ぎ、会合や宴会もほとんどありませんし、良い方向に向かってます。

勿論のこと、その反面でうちのようにダメになる業種もあります。一番は観光・ホテル産業かな。

飲食店は今年も厳しいですね、デリバリーやその他さまざまな努力はしてますが。

家族単位や少人数での使用でも楽しいし、盛り上がれますが、絶対数が少ないのでどこ行っても暇で寂しいです。

進学祝いなどで親戚の方々がご来店いただいてますが、店頭で軽く挨拶のみ。普段なら中に入ってもらうのですが。

地方の方から札幌の中央区、しかもススキノエリアに住んでいるということで、何となく距離を持たれている気も。

ですから、私も親戚の方々に会いたいのですが、訪れることをまだやめてます。

友人たちと語り合うも地元エリアの人と、地元エリアの飲食店で。

地元愛しか生まれないですね(笑)

私の生き方基本2条

・困っている人には手を差し伸べる

・頑張っている人は応援する

そんな考え方のなかで、自分がそうできる人間になりたい、なり続けたいと思ってますので、

やっぱりもうちょっと苦しいけど、頑張ってみようかなと思います。

 

 

春の訪れ

雪も解け、気温も上がり始めた札幌です。

ようやく春の訪れとなりました。

現場での灯油・LPガスボンベ配送もほぼ終了しました。

これからは舗装用の工事に使用したり、調理関係にガスボンベが活躍します。

例年ですと、イベントや催事などの調理ブースにも大活躍するのですが、

今年はどうでしょうか、昨年からのコロナを引きずってなかなか難しい予想かな

もう1年くらいイベント関連での飲食はダメかもしれませんね。

それとは対照的に、キャンピングカーやキャンピングトレーラー、

フードトラック、キッチンカーでのLPガスボンベ需要が伸びています。

更に移動式コンテナに調理ブースを設置し、弊社がガスボンベを。

新しいケースでのガスボンベ需要の開拓として良いビジネスモデルが完成です。

春になって、灯油配達が無くなってくると同時に、ガス仕事が増えてきました。

私の目指している、楽しい気分でお仕事を。「楽業」(らくぎょう)です。

なかなか大変なことも本当に多いですが、楽しいからこそ出来てます。

しっかり仕事して、いっぱい走って、モリモリご飯を食べる、これが大切です。

そして一番大切なのは、寝る事。睡眠時間をしっかり取って、毎日元気です。

今年の春は「良い季節だったなぁ」と思いたいですね。

さあ、品切れだった次世代軽量ガスボトルも大量入荷しました!

プロパンガス業界にとっての新しい星となりますでしょうか、

現在のところは北海道で販売・充填・レンタルをやっているのは本田燃料だけ!

ちょっと差が出るハイクラス商品、限定品ですので是非お買い求めください。

コストコなどでウェーバーBBQグリルと組み合わせたら、最高ですよ。

集中仕事期間

弊社の仕事は季節によって波がある。

11月から3月の売上が年間売上全体の7割。残りの7か月で3割しかない。

売上のほとんどが灯油販売。その次にLPガスとなる。

今月も大きな現場や商業ホテルなど、かなりの灯油販売量をマークした。

それも今月で終了。名残惜しいが、春がやってきたら、売りたくても売れない。

今シーズンは準ゼネ、地場、地方と、3社と掛け持ちでお取引させていただいた

工事現場は飛び込みアリの待ったなし。他の仕事ともあるのでなかなか大変だ。

しかしながら、新しい構造物に仕上がってくる過程を見ながら仕事ができる。

一般家庭のホームタンク給油や、アパートやマンションのポリタンク給油、

細かい作業はなかなか大変だし、思うように売り上げも伸びないが、

必要とされるし、少量配達はユーザーに感謝されるので有り難い。

うちの仕事は、お金儲けをしているのではなく、社会貢献が第一。

需要があり、世に必要とされ、仕事ができ、正当な利潤が生まれる。

それにより、地域貢献や社会貢献もしっかりできるというものだ。

気が付いたら、今月も半分が終了。一日一日は本当に長いが、

それでも、あっという間のような気がする。3月が名残惜しい。

3月は今まで以上に仕事に集中しようと思っているので、ほとんど遊ばない。

コロナや自粛解除などは、自分には関係なく、外に出たいときは出る。

出ないときは出ない。決めるのは自分。誰にも束縛や文句は言わせない。

ちょうど3・11だったので、被災地の酒と肴で夕食を取った。

最近、どの月もLPガスボンベユーザーからの依頼は本当に増えてきた。

それほど売り上げは大きく伸びないが、それでもサブ仕事からメインに昇格。

やってて楽しいし、新しい出会いも多い。さらにここでも本当に感謝される。

多分、うちでやっていることはオンリーワン的な存在化していってるので、

ここでも、自分や会社、仲間、ススキノ、札幌、北海道を全国にアピールできる

そんな現実があり、そして更なる飛躍的なイメージも持っている。

ヨドバシやコストコから北海道エリア店として支持を貰っていること、

なんだかんだ年間数回は必ずTV取材や新聞取材を受けて放送されること、

灯油やLPガスボンベでのWEBが強いこと、

そしてこれからは、キッチンカーやキャンピングカーに絶対的な支持を狙う。

全てはキッチリと真面目に仕事をしている事と、その真剣さと熱意。

まあ、仕事の大きさは本当に大したことない会社かもしれないが、

弊社・・・自分で言うのもなんだが、本当にスゴイし尊敬している。

やはり、会社の大小ではない。その中身、内容だ。

そしてそれは全て、その人であり、その意志、その心である。

※近所で火事がありました。火元は1Fのタバコ不始末。室内は全焼。

いち早く駆けつけ、避難誘導と情報収集、ホース巻き撤収を手伝う。

消防隊の早急な対応と救助で、煙まみれの中、全員救出、死亡者ゼロ。

長き如月

2月、如月。

今月も上半期をようやく終えたところだが、非常に長く感じる。

それは多分、仕事とトレーニングをまだ一度も休んでないからだろう。

更に、子たちが受験生ということもあり、日々の勉学に励んでいる姿に共感し、

自分もやるべきことを、休まずに続けてみようと意気込んでいるからだ。

しかしながら、「続ける」ということには本当に、体力も精神力も削られる。

仕事の日記帳や売上帳と同じように、トレーニングも日々記せば自信がつく。

今月は半月までの走行距離も160㎞。仕事も休んでないので売上も好調だ。

仕事内容のほとんどは、灯油配達。そしてそこにガスボンベ関連が追加される。

例年と違うのが、イベントがないので、ガスレンタルがほとんど無いこと。

ということは、出張もないので、仕事が札幌内と非常にマンネリ化する。

早く起きて、トレーニングし、朝から晩まで灯油とガスの仕事。これの毎日。

終わって、稀のリフレッシュといえば、近所の温泉に入浴すること。

歯を食いしばって頑張る毎日だが・・・やはりため息も出てしまう。

それでもこのコロナ禍。ほとんどの人が我慢しながら苦しみながら生きている。

自分も「健康」だということに日々感謝し、仕事があることに感謝し、

ただひたすらに、人生を全うしなければならない時期であると認識している。

宴会も会合も何もない今シーズン。感染防止対策で推奨される「ソロ飲み」を。

一人でカウンターに座り、黙食をしてみた。

これがなかなか悪くない。「酒」と「食」に集中が出来て、より深く感じれる。

ずっと黙って飲食していたかと言えば、そんなことはない。

カウンター越しで仕事をしている料理長と会話をしたり、

ペンと紙をいただき、これからの仕事内容や、新しいビジョンを考えたり、

やるべきこと、やりたいことなどを考えながら、メモを取っていた。

結局は場所を変えて仕事をしていた感じになってしまったのだが、

それでも、たまにこんなリフレッシュもアリかなと思った。

WEBの更新や口コミ、レビューの確認など情報収集も大切。

新聞やTVのメディア取材にも再び参加し始めた。

こんなご時世だが、常に前向きに。

後退は勿論、現状維持も退化と同じ。

そのくらい自分に厳しく考えながら生きている。

そして常に結果を出し続けなければならないとも思っている。

よく言われる、「どっかで止まる」「出なくなったら?」

そんなことは、その時考えればいい。

受験と同じ。合格しかない。これだけ頑張ってるのだから絶対合格。

親が信じてあげなければ、誰が信じてあげられる?

何かあったときは、その時に考えればいいのだ。

リスクや保険ばかりを考える方に、成長できてるためしがない。

性格、考え方は人それぞれだが、結局はそれが生き方、人生となっている。

自分で決めて自分で行動する。そして結果が出る。

要は自分自身、「納得できる」かどうかだ。

勝負の10日間

いよいよ弊社にとって毎年恒例の「勝負の10日間」がやってきました。

この10日間を制する燃料店は、シーズンを制すとも私は思っており、

全ての意識を仕事に全集中となります。

今年は昨年よりも灯油価格も安価ですし、札幌では降雪量も少なく運転しやすい

ロードヒーティングや融雪機での灯油需要は落ちてますが、家庭での使用が増加

やはりコロナ自粛での巣篭り需要が今シーズンは伸びるでしょう。

弊社も仕事の需要拡大に向けて、春から動いてきましたが、結果が顕著に。

地元がコロナで壊滅的な灯油・ガス減少となるのを予測し、地方販路拡大を。

建設会社からの工事現場依頼や、WEBでの新規ユーザー拡大、

更に口コミやレビューをいただき、PCだけではなく、SNSなどのスマホ活用

やらせなしは一切なしで、ユーザーから評価をいただきます。

勿論のことコメント内容は様々ですが、多くは好感を得てます。

仕事への熱意やプロ意識がお客様に伝わることで評価を得る、

その採点を見て、更に仕事意欲が出て、いい仕事ができる。

30日まで、毎日数十件の電話が入り、日々のシフトを組むのが一番難しいです

それでも必要としてくれるユーザーがいる限り、他店には出来ない弊社の強みを

この世にどんどん広めていけたらいいなぁと思います。

自分で言うのもなんですが、自分が客なら本田燃料で絶対買いたいです。

札幌で灯油を使用する方全てが、弊社のお客様になり得るし、なった方がいい。

おそらく、札幌で断トツ1番良い店だと思います。そのくらい自信があります。

いつもですとXmasイベントなどでチョコの手渡しなどをしておりましたが、

今年はコロナ禍ということで中止しました。それでも店内は可愛らしくしました

仕事というものは、常に楽しみながら、常に真剣にやることが大切だと思います

スポーツの試合前の「良い緊張感」を常に持ち、お客様とは一期一会の精神で。

自分が売りたいのを売るんじゃない、お客様が欲しいものを売るんじゃない、

お客様のためになるものを売れ。松下幸之助氏の言葉じゃないですが、

「この店、この店主と知り合って本当に良かった」こう思われるよう、

これからも商い道を精進していきたいと思います。

さーて、店舗オフィスオイルディフューザーのエッセンシャルオイルを変更。

こんなちょっとしたことが私の楽しみでもあります。

師走なひととき

「師走」のこの時期、本田燃料電器は一年間で一番多忙な日々を送っている。

灯油・LPガスボンベという2トップ商材が一気に需要を増し、

そこに輪をかけるようにガス機器やストーブ・ボイラーなど関連商材も売れる。

更に工事や相談など、これらに付随してくる要件で仕事が一気に膨れ上がる。

そこにオリジナルイベント「10日は灯油の日」というサービスデーを設け、

スタッフ含め、店全体に私は、さらに拍車をかけるのだ。

常に向上、常に飛躍。現状維持は退化に同じ。

そんな商売イズムの基、年末に大決算を迎えるわけだが、更に仕事が加速する。

ユーザーからの新規問い合わせや電話相談、そして注文オーダー。

今月のミッションは「コロナを味方(利用)にする」。逆境を味方に変えるのだ

今シーズンは全体的に「巣篭り生活」「自粛ライフ」そして「換気が大事」。

家庭での灯油・ガス・電気の消費需要がかなり見込まれる。

更に、換気対策としてサブヒーター(石油ポータブルストーブやファンヒータ)

などのスペア暖房などが活躍する。換気と加湿には石油ポータブルは最高だ。

備えあれば憂いなし。そんな言葉を思い出し、今月は全ての仕入れを拡充した。

こんな時期だからこそ、底力がある店として、やるべきことをやるだけ。

弊社だって、イベントが無くなり、ガスレンタルや簡易ストーブ灯油も大打撃。

更に飲食店や宿泊施設などの業務用ガス・灯油が見込めないこの状況の中、

荒れ狂う大海原のなかを、この船でどう舵を取るか常に模索中。

理想は「つべこべ言わず、逆境を味方につけて波に乗る」。正にこれだ。

自分がどう思っても、大多数が思ってることが「主流」となり「世論」となる。

だからと言って、それが正しいということではなく、自分の思いや考えは大事。

皆そうなのだが、「自分」をしっかり持つことが大切。

自分こそ、唯一無二のオリジナリティかつ貴重ということ。私はそう思っている

このコロナによってダメになる業種も結構ある。仕方がないことかもしれない。

反対に、成長し、伸びる業種もたくさんある。それが世の流れであり経済である

結局は必要であるか無用であるか。需要と供給なのである。

そんな中、半年間の構想と試行錯誤を繰り返し、新たなパーツをようやく発明。

取引先もメーカーも出来ないし、やらないということで私が開発。

法律の解釈や制限、コストなど課題も多いが、何よりパイオニア精神は大切。

できないをできるに。これが私、本田燃料電器「ホンダトシヒロイズム」。

これによって未来が更に明るく広がりそうだ。数千万以上の値がありそうだ。

仕事・トレーニング・趣味で頭脳と肉体を使い、睡眠も大切だが、栄養素も大事

頭を使うと甘いものが本当に食べたくなる。最近は酒も飲まないので更に。

さあ、師走の30%が先ず終了。序盤にしては仕事も売り上げも健康も上出来だ

ここからの中盤戦がある意味「鍵」となる。

さあ、仕事仕事。

灯油・LPガスのプロショップ

弊社は創業から80年続く燃料店。札幌の中心部に位置し、地区で言えば豊水。

中島公園、住宅街、繁華街ススキノエリアを持つ「豊水ススキノ連合町会」だ。

この地区は交通の利便性が良く、車は勿論、バスや市電、

地下鉄では「中島公園」「豊水ススキノ」「すすきの」と3つの停車場を持つ。

昭和時代の戦中・戦後・高度経済成長・バブル、そして平成から令和へと。

毎期の決算も、プラスマイナスを継続し、ここ10年は緩い右方上がり。

こんな無茶苦茶大変なコロナ禍でも灯油・ガスをメインに「花道」を突き進む。

電気や天然ガスに押され気味な世の中でも、弊社の灯油販売は伸びている。

理由は言うまでもないが、ユーザーからの需要があるから。必要だから。

数年前にTVの取材を受けたが、正にこれ。

大変かつ売り上げも低く面倒。細かい作業なので、同業者はやらない。

が、儲けというより人助けで始めたビジネスが、このコロナ禍で良績を収める。

なかなか大変ではあるが、お客様は感謝をしてくれるし、応援もしてくれる。

WEBでは励みになるメッセージやコメントも沢山いただく。

LPガス(プロパンガス)も同じ。弊社はボンベに目を付け、その需要を開拓。

現在では札幌は勿論、北海道で断トツというかオンリーワン的存在となっている

これも行政とガス業界が縮小・廃止方向へ進んでいるところ、真逆の発想。

最初は風当たりも強く、投資もかなりだったが、今では弊社の看板商品に。

さらに震災・停電を経験し、今ではこの世に重要視されるモバイルエネルギー。

そのガスボンベと併用して燃焼機器も大きく販売展開できるようになった。

イベントこそ最近はできないが、それでも防災商品として購入されたり、

コロナ禍での巣ごもりやライフワークでの需要拡大が計られる商品か目白押しだ

LPガス発電機・調理用鋳物コンロ・プロパンガスバーナー・BBQグリル。

最近は仕入れや流通も変わり、日本全国から。メーカーの営業と直接話をする。

地味で利幅もそう大きくない仕事だが、やりがいは大きい。

そこには需要と安定、そして絶大な支持があるからだ。

自分ができる範囲を先ずは死に物狂いで最大限やる。すべてはお客様のため。

それが結果、自分を高め、自分に返ってくる。

仕事は本当に難しい。悩む。でも、そうでなければ仕事ではない。作業・雑務。

色々偉そうな話をここに綴ったが、全ては自分に喝を入れ、追い込むため。

今年も残すところ40日。大晦日が決算だ。

この状況下、いや、この場に及んでも黒字で終わらす。

相当頑張らなくては難しいが、相当頑張れる自信が私にはある。

しかしながら、コロナに罹って2週間隔離されたら無理かな。

そのためには、栄養をしっかり摂って、しっかり睡眠をとる。

家庭で食べれない美味しいグルメは、近所のお店に作ってもらう。デリバリー。

おそらくステイホームが日本全国でまた始まるが、

そんな中でも、自分をしっかり持って、何とか乗り切りたいと思う。

深呼吸して、空を見上げて、そして前を向く。

さあ、今日も出発だ! 押忍。

先義後利

このコロナ禍において、会社や仕事、自分自身の生活をどうしていけばいいか、

本当に悩んだり不安になったりする方は多いと思います。

私自信も、経営者の一人として、家長の一人として、日々悩んだりもします。

しかしながら、一本筋ではないですが、自分で掲げた企業理念のもと、

情熱(passion)・誇り(pride)・誠実(sincerity)の

2p1sの精神、そして先義後利の考え方でこれからも進んでいきたいです。

不安がっていたり、落ち込んでいてもマイナスしかないです。

だからと言って、無理に流れに逆らったり、頑張り過ぎてもいけません。

ただ、自分自身の経験上、「全てはコツコツの積み重ね、日々精進」だと

思っておりますので、気持ちは前向きに、ポジティブ思考で日々を過ごし、

現在はジョギングを日課とし、日々に少しでも達成感をプラスしております。

札幌もいよいよ寒くなってきました。灯油配達の注文やお問い合わせも多く、

今年も良いスタートとなっております。今シーズンもTVや新聞、ラジオなど、

メディアからの取材依頼が来てくれたら、本当に有難いところでしょう。

コロナ禍においては、自宅で過ごす時間が多くなりますので、

灯油やガスの使用量も多くなる事と思います。夏のイベントガスのマイナス分を

年末までの仕事でカバー出来ることを期待しながら、日々精進したく思います。

10月は連休も無く、日曜しかお休みが取れないので、日帰り旅行をしました。

が、この時期は休日でも会社の転送電話に灯油やガスの問い合わせが入るので、

電話応対と翌日からのシフトや配分などをバス移動時に行うワーケーションに。

それでも、久しぶりの札幌以外。行きたかった富良野の「青い池」にも。

実際に目にした大雪山の山々にも感動しました。トムラウシ山へいつか登りたい

そんな目標もこの数年で達成できたら良いなぁと思っております。

さて、弊社ではプロパンガスボンベの販売が好調で、歴代ベストをマークです。

主にアスファルト舗装や氷解用のプロパンバーナー使用ボンベが多いのですが、

今年はキャンピングカーやキッチンカーでのガスボンベ使用が多いです。

軽量プラボトルも好評で、弊社では北海道は勿論、日本でも販売上位店に。

今年は叶わなかった呉の工場への招待視察研修も来年こそは実現したいです。

そして、いつか製造元のノルウェーに視察研修が出来る事を夢見て。

お馴染みの鋼製プロパンガスボンベも年末に向け、大量仕入れをしました。

ガスボンベ販売やレンタルを行っていない同業他社様からのユーザー紹介や、

依頼なども本当に多く、弊社は恵まれているなぁとも思います。

これも、コツコツ積み上げてきたからであり、80年間続けてきた商いの道。

先代たちに感謝し、これからも仕事を通して社会貢献を果たしていきたいです。

今月最後の休みも近郊の山に登山です。山頂は雪で真っ白。気温も0℃です。

登山中、大きな虹に出会いました。

太陽で照らされ、ターコイズブルーに映った日本海。

綺麗でした。

仕事も休暇もポジティブに

9月も終わりに近づいております。今年も残すところ100日を切りましたね。

今月で土日休みも終了。10月からは土曜は通常営業、お休みは日・祝日です。

コロナでの数々のイベント中止により休みが多くなった分、何をしたかと言えば

登山やランニングなどでフィジカルを鍛え、その最中に頭脳で仕事も色々と。

最近はスマホ1つで多くの仕事が捗りますし、時間の有効手段が最適に。

仕事の配分を上手くやることで、この状況下だからこそできる時代の活用を!

配送・納品・ガス検査・灯油配達などは、なるべく予約指定重視で。

店舗営業時間は定まっているので、窓口営業のシフト制も今後の課題です。

ルールや時間を定めることにより、スタッフもユーザー様も動きやすく、

わかりやすい店の展開ができるようになります。

・・・気づけば、十数の山々を登山してます。毎月200㎞以上は走りました。

その分、仕事はどうなったといえば、前年月比まで回復してきた感じです。

ジャンルは同じ「LPガス」「灯油」であれど、やり方次第で変わるものです。

いつの世もそうですが、ルールや状況、景気や時代など、様々に変化しますが、

その変化の波に逆らわずに乗ることが大切であり、

物の捉え方を柔軟かつ多方向の角度から見ることが大切だと思ってます。

「何か方法はある、必ず道はある」「難しいから仕事だ」「困難だからこそ」。

生涯にわたって続ける仕事や取り組み、まさにライフワークこそポジティブに。

私自信の人生も、努力と継続、失敗と行動から学んできたことばかりですので、

このコロナ禍で経験した事、学んだ事を今後に活かしたいと思います。

確かに小さなイベントでガスレンタルも多少回転するようになりましたが、

まだガス納品は通常の5%もありません。トホホ。

しかしながら、この状況下で売り上げをよく回復させたなぁとも思います。

おそらく、早寝早起きと十分な運動量と睡眠のお陰だと思います。

お酒を飲む機会も少なく、アルコールでの二日酔いや全体的な能力低下も無い。

朝一からポジティブにスタートが出来るので、非常にバランスが良い状態です。

でも、フィジカルもメンタルも使い過ぎているので最近ちょっと痩せました。

今は体重は落としたくないので、とにかく良質な栄養分でカロリー摂取です。

業界紙に掲載されました。灯油関連は多いのですが、LPガスでの取材は稀。

まあ、灯油もLPガスも地味なジャンルなので、出演するだけ珍しいのかな。

この文章を読んでいただけると、弊社のやっている仕事がなんとなくわかります

のでどうぞお読みください。それでは仕事に戻ります。