本田利博

幸福論

アランではないですが、私はいつも幸福について思うところがあります。

幸せというのは、感じ方によって人それぞれ。

自分の感じる幸せを共有できる方と出会えたらそれは幸せ。

無理に幸せを押し付けたら、それは不幸せというもの。

考え方、性格、状況、体調など、感じ方は本当に違うものです。

ちょっとしたことで、すぐ「幸せだなぁ」と思ってしまう私は、

単純なのか、ポジティブ思考なのか、すぐ感動してしまうし、

自分で言うのもなんですが、ホントお人好しというか、いい性格してます。

アパートに住む女性、80代の方でしょうか、重たいポリタンクの灯油配達中に

「お兄ちゃん偉いね、いつもありがとう、これでジュースでも飲んで」と。

50近い私に、まるで坊やに小遣いを渡すように。

なんか嬉しかったなぁ。昭和時代の幼い記憶が蘇り、童心にかえりました。

戴いたお金は、和菓子で今度お返ししたいと思います。

HPも春らしくなり、5月までの営業スケジュールも決まりました。

今年はGW期間も暦通りで今のところ進みたいと思います。

既にGW中のガスレンタルの問い合わせや予約も入ってきました。

コロナでずーっと遊べなかった方々が、北海道に訪れそうですね。

フェリーに乗ってキャンピングカーで楽しむ方も多いようで、

弊社にもガスレンタルの依頼が入りそうです。

嬉しいことに、昨年からスタートした次世代ガスボンベの販売が好調で、

現在のところ、仕入れ分すべて完売です。先日予約オーダーを入れましたので、

弊社に入荷予定は今月末になりそうです。

既に先行予約も受け付けておりますので、興味ある方は是非ともご用命ください

私はPCやWEBに関して素人ですが、それでもお話を聞きたいということで、

知り合いの経営者の方に、自分なりにどう活用しているのかをレクチャーを。

今後の参考になれば良いですね。 

ワイン好きな方でして、何と!自分の愛用している店に招待を受けました。

おおー、シャンベルタンではないですか。ピノ、ブルゴーニュが好きだそうです

しかも2009年なんて当たり年。酸味よりも静かで深い重みを感じ最高でした

緊急事態?集中対策?なんかよくわかりませんが、なかなか外食がまだし難い。

そんな変な感じや、なかなか仲間と集まりにくい、そんな風がまだまだあります

私も、何となく会合に出ることもしたくないので欠席がメインです。

ZOOMで参加するように促してるんですが、時代について来れない方も多く、

ほとんどの会合が移動して、会議室での会議、要らないお弁当・・・。

これまではこれまで、これからはこれからという柔軟な考え方も大切です。

と、そんな話をしたいのではなく、タクシーデリバリーが大変楽しくお得です。

キャンペーンに私も乗っかってみました。2000円購入で2000円割引。

タクシー代は300円という、実質それしか掛からない優れものです。

この1週間くらいで、色々なお店からトドクシーというシステムで購入。

国から道へコロナ対策費が出て、その活用という感じです。

ですから、購入すると、タクシー業界、飲食店を支える素晴らしい人となり、

そして自らも格安で出前を頂けるという、何とも有難い企画です。

今週は仕事もプライベートも幸せを沢山感じることができる週となってます。

あと1か月で雪も解けます。そして札幌にも春がやってきます。

灯油の繁忙期も残すところあとわずか。

毎日毎日を大切に、一生懸命に励みたいと思います。

もうすぐ春がやってくる

皆そうだと思うのですが、コロナ禍のこの現状と自粛生活、

感染数を日々ニュースで確認し、したいことも出来ない日々。

そして社会情勢などの政治・経済不安や雇用問題などなど、

オリンピックに対しても期待よりも不安の声が多い現実。

人それぞれが、色々な思いのなか、自分で決め、自分で忖度し、自己責任。

人の行動や考えが合わないと、何ともため息が出てしまうことも。

本当に息が詰まりそうになったり、この世に嫌気が差したりしますね。

それでも、皆さん頑張ってます! 立派だと思います。 すごいと思います。

まだまだ寒いですが、2月も間もなく終わり、いよいよ3月です。

確実に春がやってきます。入学試験を見事に合格し、新しい未来が待ってます。

木々も芽を出し、花々も咲き始めます。ワクチンも普及され、感染も減ります。

景色や匂いが変われば、気分や話題も変わってきます。

今は、そんな明るい未来に期待しつつ、仕事や役目をしっかり全うしてます。

そうそう、3月から灯油価格を値上げさせていただきます。

景気と株、先物取引により結構、大幅に上がりますが、暖房もあと1か月です。

お金持ちや投資家での操作っぽい値上げが彼方此方にみられる昨今ですが、

この現状も、そう長くは続かないと、私は考えております。

先日、お寿司屋さんへ行ってきました。 本当に久しぶりのこと。

スーパーの寿司コーナーや回転寿司がいつも人で賑やかなのに、鮨屋は暇。

札幌でみると、ススキノに店を構えている鮨屋は本当に厳しい現状ですね。

でも、大間産の天然まぐろなんて、お寿司屋さんじゃないと食べれないので、

本当に美味しかったし、幸せな気持ちになれました。御馳走様でした。

仲間と集まってワイワイ、会合や祝宴は当然のことながら、現在禁止してます。

でも、「ソロ飲食」「黙食」はこの時期でも世の中で推奨されており、

私もこの流れに乗ってます。一人で行くからこそ、「本物の味」「良い店」を。

飲食店だけではなく、どんな業種もそうですが、「本物」は生き残ります。

ただ、「本物」は自分で決めるのではなく、周りと時代と流れが決めるもの。

弊社も今年で創業八十一年、戦後・昭和・平成・令和と、この長い月日の間で、

数々の苦労や困難、変化や流行を経験してきたと思います。

気が付けば、WEBに対応し、カードやスマホ決済もスタンダードに。

代表もスタッフも若返り、これからは更に20代を雇用しようかと。

それでも、取り扱う商品は「灯油」「プロパンガスボンベ」で。

百貨店の全国うまいもの大会で購入する浅草のりや、かねすえのわらび餅も、

やはり相変わらず昔から変わらず好きな商品です。これに似たような感覚です。

「昔から本田燃料」「本田さんなら何とかしてくれる」この言葉に感謝です。

「別に本田燃料じゃなくても、どこでもいいんだけど、せっかくなら・・・ね」

長い年月を経ても零細商店のまま細々と生き続けておりますが、

あと二十年はやりたいと思いますので、どうぞ御贔屓に宜しくお願い致します。

経済社会に不必要になったり、社会貢献ができなくなったり、

赤字を出すようになったら、即辞めようとは思ってます。

逆算すると、私自身、どんだけ頑張ってもあと20年しか良い仕事ができない。

そう考えると、時間はとても貴重で、毎日毎日が生きる幸せです。

健康に気を付けながら、出会う人との時間は大切に、仕事は感謝しながら努める

気づけば、いつの間にか本当に「商い道」を志している「商人」となりました。

そして商人の道も、これがまた長く険しい道なので、

ここがある意味「スタート」なのかもしれません。

さあ、春がやってきます! 自分の人生、一生懸命に頑張ります。

長き如月

2月、如月。

今月も上半期をようやく終えたところだが、非常に長く感じる。

それは多分、仕事とトレーニングをまだ一度も休んでないからだろう。

更に、子たちが受験生ということもあり、日々の勉学に励んでいる姿に共感し、

自分もやるべきことを、休まずに続けてみようと意気込んでいるからだ。

しかしながら、「続ける」ということには本当に、体力も精神力も削られる。

仕事の日記帳や売上帳と同じように、トレーニングも日々記せば自信がつく。

今月は半月までの走行距離も160㎞。仕事も休んでないので売上も好調だ。

仕事内容のほとんどは、灯油配達。そしてそこにガスボンベ関連が追加される。

例年と違うのが、イベントがないので、ガスレンタルがほとんど無いこと。

ということは、出張もないので、仕事が札幌内と非常にマンネリ化する。

早く起きて、トレーニングし、朝から晩まで灯油とガスの仕事。これの毎日。

終わって、稀のリフレッシュといえば、近所の温泉に入浴すること。

歯を食いしばって頑張る毎日だが・・・やはりため息も出てしまう。

それでもこのコロナ禍。ほとんどの人が我慢しながら苦しみながら生きている。

自分も「健康」だということに日々感謝し、仕事があることに感謝し、

ただひたすらに、人生を全うしなければならない時期であると認識している。

宴会も会合も何もない今シーズン。感染防止対策で推奨される「ソロ飲み」を。

一人でカウンターに座り、黙食をしてみた。

これがなかなか悪くない。「酒」と「食」に集中が出来て、より深く感じれる。

ずっと黙って飲食していたかと言えば、そんなことはない。

カウンター越しで仕事をしている料理長と会話をしたり、

ペンと紙をいただき、これからの仕事内容や、新しいビジョンを考えたり、

やるべきこと、やりたいことなどを考えながら、メモを取っていた。

結局は場所を変えて仕事をしていた感じになってしまったのだが、

それでも、たまにこんなリフレッシュもアリかなと思った。

WEBの更新や口コミ、レビューの確認など情報収集も大切。

新聞やTVのメディア取材にも再び参加し始めた。

こんなご時世だが、常に前向きに。

後退は勿論、現状維持も退化と同じ。

そのくらい自分に厳しく考えながら生きている。

そして常に結果を出し続けなければならないとも思っている。

よく言われる、「どっかで止まる」「出なくなったら?」

そんなことは、その時考えればいい。

受験と同じ。合格しかない。これだけ頑張ってるのだから絶対合格。

親が信じてあげなければ、誰が信じてあげられる?

何かあったときは、その時に考えればいいのだ。

リスクや保険ばかりを考える方に、成長できてるためしがない。

性格、考え方は人それぞれだが、結局はそれが生き方、人生となっている。

自分で決めて自分で行動する。そして結果が出る。

要は自分自身、「納得できる」かどうかだ。

祝 TV出演と立春

本来ならばイベントごとで地方出張やガスレンタル業務で多忙な時期ですが、

今年はスノーフェス系での飲食ブース業務はほとんど見込めないので、

全ての時間を灯油配達業務に努めることにしました。

失って困っているだけでは仕方がない。前を向かなければ道は開かれません。

とにかく件数を増やすため、ローリーの回転数を増やす。休みを削る。

これしかありません。結果、現状は上手くいっているような気がします。

今シーズンは石油ポータブルストーブと石油ファンヒーターが売れ行き好調です

メーカーはトヨトミに定めました。販売価格帯は押さえました。

お買い求めやすいことと、弊社としては灯油が売れれば良いので。

ポリタンクやポンプ、その他の関連グッズもなかなか良い成績を出してます。

会社といっても燃料店。店なのだからお客が毎日ご来店しなくては店じゃない。

灯油とLPガスボンベと、マニアックな商いの割には、毎日20件以上は来る。

昔は誰も来ないし、電話もほとんど鳴らなかっので、

この部門も改革して本当に良かったと思います。本当に居心地の良い空間です。

そんななか、嬉しいTV取材が舞い込んできました。

しかも北海道民が一番見ているSTV「どさんこワイド」です。

10%の方が見たとしても50万人。弊社にとっては非常に有難い番組です。

実は昨年から続くコロナで、マスコミの取材関係は全て断ってました。

というのも、メディア関係での感染も目立ってたことと、

弊社の取材撮影の場合、店舗内や車内撮影は密空間となること、

お客様のコメント取りなどで、万が一感染を広めてしまったらというリスク、

そのようなことを鑑みて、感染数が落ち着くまでグッと我慢しておりました。

この時期、ようやく指数が低くなってきたことと同時に、

灯油価格上昇と寒波、そしてマンモスTV番組からの取材であることなど、

条件が全て整った感じもあったので、引き受けることにしました。

そして一番嬉しかったのは、灯油価格推移がボード内容が本田燃料電器でした。

俗に言う「プライスリーダー」扱いをしていただけたのです。

普段は石油情報センターや市民生協がほとんどですが、

毎年数回のTV取材や新聞取材を受け続け、知名度と実績を付け続け、

こんな小さな零細商店でも、ここまでできる!という結果に感動と感激でした。

無事、仕事も一段落し、店に戻ってみると旭川から立春の生酒が届いてました。

そして太宰府天満宮の梅も神社さんから「是非お店で飾ってほしい」と戴き、

縁起物が揃ったところで、先ずは神仏に供え、そしてお下がりを戴きました。

2月は始まってまだ数日。これからまだまだ寒い札幌ですが、

早めの春を感じ、そして味わうことができました。

全てはご縁からなるもの。今年の掲げた抱負「安居楽業」ではないですが、

これからも感謝し、日々精進してまいりたいと思います。

集中対策期間

非常に寒く、雪も多くなってきた札幌です。

コロナ感染対策期間も予想通りの2月中旬までの延長となりました。

札幌では、感染注意スポットが夜のススキノ飲食店と限定され、

早めに閉めて毎日2万が支給されるそうです。

このエリアで仕事に従事している私ですが、手当は全くありません。

仕事の供給先を他のエリアにスライドしつつも、やはりかなりの売上減。

早く、携わる商売をしている店にも援助金を出してほしいです。

そのエリアで商いをしている「零細商店」は本当に苦しいです。

ですから知り合いの飲食店の店主に御馳走になろうと思います。

まあ、他力本願ばかりを望んでいても、未来はないので、やはり努力です。

ハンドボールの後輩に販促用のシールを作成してもらいました。

このシールを灯油タンクやストーブ、ボイラー機器、ガス機器などに貼る。

弊社をすぐ思い出せたり、他のユーザーにも弊社を知ってもらういい機会です。

商売を広げる=未来への繁栄=堅実な経営=社会への貢献=奉仕活動が可能

と、こんな気持ちでいつもお仕事をやっております。

付き合いや視界が狭くなったり、マイナスな事を考える事ほど損なことなない。

やはり、いつもポジティブ思考で生きていきたいものですね。

同業他社の仲間(私にとっては敵ではない)が代表取締役に就任したので祝花。

喜んで電話がきましたが、同年代ということもあって、とても嬉しいです。

弊社より10倍以上も企業規模が大きいので、それだけ期待も苦労も多いかな。

今は宴を開いて乾杯することができないので、今後の楽しみに。

今は、只ひたすらに仕事にお互い精進しましょう。

うちらの仕事は「世に必要である」かつ「必ず需要がある」ということ。

頑張って、みんなの力を合わせて、この札幌、北海道、日本を支えましょう!

でも、ずーっと仕事で、ずーっと家の中では少々辛くなってしまいますね。

でも、ワクチンや抗生物質ができるまでは感染が怖いのは事実です。

一度陽性者になると、再陽性もあり、キャリア患者となり、敬遠されます。

仕事を一生懸命やってて、気を付けてても、不可抗力で罹ってしまうなら、

まだしも、飲み歩いて感染したり、レジャーやバス旅行で感染したらアホでしょ

早く東北、関西、名古屋、福岡、中国、四国、沖縄・・・行きたいです。

今は我慢。東京含め関東は・・・うーん、気が進まないのが本音ですね。

さーて、今日も仕事です。頑張りましょう!

令和三年開始!

皆様、新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末は大晦日まで仕事をし、終了後に多少の飲食を。早めに就寝しました。

元旦は地域の神社に正装にて初詣。お宮で「商売繁盛祈願」の式を行いました。

さて、令和三年はどのような年になるでしょうか。期待と不安が交差しますね。

正月の札幌はとても寒く、そして雪が少ない。仕事においてはメリットが多く、

1日あたりの配達件数は伸びそうです。融雪での灯油関係は低そうです。

神社の境内にも絵馬を掲げました。本年のキーワードは「安居楽業」。

現在の仕事や生活環境を大変満足し、感謝し、更に向上するために努めること。

そして、それを快く楽しんで受け入れること。このような言葉に決めました。

会社にある「商売繁盛神棚」にも同じように掲げます。

こうすることによって、日々の意識や手を合わせる習慣を養えます。

そして本年も「継続は力なり」を基本として、コツコツ積み上げていきたいです

昨年の果たせなかった事は、本年で出来たらやってみたいです。

サンドイッチマンではないですが、ここ最近までガラケイ携帯だった私。

昨年スマホに変えてから身の回りのアイテムがBluetoothワイヤレスに。

現在の仕事でのマストアイテムは勿論、スマホとその関連アイテムです。

「仕事が加速する」。正にその通りで、メリットしかないです。

お正月中は、休みといっても大してないので、体調を崩さないよう気を付けて、

規則正しい生活リズムや食事の摂取は勿論のこと、無駄な外出も控えました。

普段なかなか出来ないことをやってみよう!とTVで箱根マラソンを見ながら、

選手の半分のペース走ですが、初日30㎞、二日目15㎞と屋内設備でトレを。

お陰様で、久しぶりの長距離のせいか、股関節や首などが痛くなってしまい(笑)

近所のリハビリ施設でメンテナンスをしてもらう羽目に。

自宅のお風呂で、スマホ利用でのYOUTUBEやポッドキャストを楽しみ、

戴き物の晩白柚を浮かべて半身浴でリラックス。最高のひとときです。

ということで、四日から物凄い灯油配達件数スタートとなった本年ですが、

コロナ禍ということで、各新年会が中止となり、自分にとっては好都合。

楽しい仲間内の宴なら良いのですが、仕事上や団体などの忘新年会は、

はっきり言って時間と金の無駄であって、感染リスク向上しかないと思ってます

オッサンのくだらない新年の言葉を聞いて、交わしたくもない酒を飲む。

時にはやりたもないMCを任され、最近では自分が喋りたくもない挨拶をする。

仕事内でのスケジュール管理なので、タクシー・ネクタイ・クリーニング・・・。

会合費・接待費・ご祝儀・酒でのトラブル・風邪やコロナ感染リスク・・・。

そのすべてが今年は考えなくていいし、その分仕事に集中できます。

まあ、今までやってた無駄が昭和なだけで、これからの時代は来たのかも。

その分を、取れる時の長い休暇や、お金を掛ける場所を変えれますね!

まあ、何事も自分にとってポジティブに変えてしまう私ですので、

新年早々、こんなアホな考えを綴っているのでしょうか。

ということで、本年スタートもバッチリ決めました!

次回もどうぞ宜しくお願い致します。

      (有)本田燃料電器 代表取締役社長 本田利博

2020年終了と大決算

令和2年元旦に掲げた我が抱負、「百戦錬磨」。

「今ある現状・レベルで最大限の飛躍をすること」というミッション。

仕事の中止や縮小、変革を求められたコロナ禍ではありましたが、

本年度は「営業黒字」という良績でフィニッシュしました。

この結果を振り返ってみると、それは自分の力というより、皆様のおかげ。

ユーザーにもスタッフにも家族にも友人たちにも、本当に支えられた一年でした

八十年目という節目を、非常に大きな困難からのスタートとなりましたが、

最終的には灯油販売数量も、LPガスボンベ販売数量も、歴代最高をマーク。

売り上げこそ原油価格に左右されるので過去最高とはいきませんが、

それでも本店売上も単月千万を超え、その内容も安定した需要バランス。

多少、供給が追い付いていないデメリットが浮き彫りになりましたが、

だからこそ「納得のいく底力商売」を感じているのかもしれません。

振り返ってみると、正月に転倒損傷した肋骨・肺・肝臓もしっかり正常に。

今年は夏季より120日にも及ぶ「断酒」にも成功しました。

体重も10キロ以上落ちてしまいましたが、それ以上の価値は見い出せました。

大晦日の今日も走りますが、月間200㎞ランニングも毎月しっかりクリア。

お酒が減った分、糖質を補うのは、やはりお米やパン、そして大好きなプリン。

ハードワークやトレーニングでの疲労回復や集中力維持には必須です。

そしてこの時期は大好きな干し芋に癒されております。

私自身、「食」には結構こだわりを持っておりますが、それは高級とかではなく

「品質」と「昔ながらの味」を大切にしております。

さてさて、年越し蕎麦。今年も親鳥を使用した「かしわそば」で。

こうして、年末に無事、お蕎麦をいただけるだけで、本当に幸せです。

伊勢から届いた注連縄も自宅の玄関に飾りました。

これはお正月だけではなく、一年を通して飾るんですって。真似しましょ。

愛車のタンクローリーも、つい先日10万キロを突破しました。

多少お金がかかっても、仕事に支障が出ないように、来年はもう1台追加ですね

仕事しながらいつも思うのは、仕入れにしても経費にしても惜しまないこと。

それで実務も意欲も向上します。「仕事が加速する」ということです。

今年の行動目標「スマホ活用」「次世代ガスボトル販売」「販路拡大」、

そして「WEB業務の成長」「店舗キャッシュレス導入」。

どのミッションも上手くできたように思えます。

残すミッションは1つ、「来季の抱負」を掲げることです。

徒然日記をお読みいただいている皆様、本年も大変お世話になりました。

店主の拙いブログですが、読んでいただき本当にありがとうございます。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

それでは良い年をお迎えください。  

              2020/12/31 本田利博  店舗PCデスクにて

食の祭典

2020年、残すところ2週間となりました。そして師走の半分が終了。

地元「豊水地区」もホテルやススキノ繁華街がゴーストタウンとなりましたが、

なぜか本田燃料電器は頗る元気に毎日賑やかに営業しております。

弊社はこれから3月までが繁忙期。灯油やLPガスボンベを売りまくります!

ここにきて、家庭で使用する、巣篭り灯油や巣篭りガスが伸びそうです。

地味な業種ですが、堅い商売かもしれません。この商いを志して本当に良かった

ススキノエリアで、多くの灯油配達を例年やっておりましたが、今年は大変。

ほぼ無いに等しいと言っていいくらいです。飲食だけでなく弊社にも助成金を!

まあ、そんな援助を期待も出来ないので、自力で頑張るしかないのです。

コロナ禍で、時短だ、支援金だ、助成金だ、感染源だ、色々と言われている

そんなススキノの飲食ですが、私は嫌いじゃないし、知り合いがなまら多い。

そりゃ生まれた育ち、ここで今も商いをしている地区の一部なので、当然です。

友人がやってる店だけじゃなく、友達の親がやってたり、近所付き合いの方や、

町内会に属している方、ススキノの組合に入ったり、つながりだらけです。

そりゃ地元っ子ですもの、店で食べるということが、生活の一部でもあるんで。

現在は店をやってるけど、開店休業状態の飲食店ばかりなのは本当です。

これは致し方ない。誘うわけにもいかないし、ですから「ソロ飲食」がいつも。

しかしながら、このコロナ禍は自分で決めた店と人としか会食はしないです。

家庭では食べれない旬の味覚がここ、ススキノにはあるんですよねー。

ですから、私だけじゃ申し訳ないので、親族にはケータリングしたりしてます。

例えば「焼き肉プライム」さんのリブロース。美味しいですねー。

今度は牛タンも届けていただきたいと思っております。

牛タン「鈴乃屋」のもつ鍋。親しい大将の人柄は本当に素敵ですね。

ススキノ観光協会の会長もやってる大島産の店「大助の刺し身盛り合わせ」。

スーパーでは味わえない仕入れ(目利き)の良さが光ります。

でも、皿がこれじゃあ嫌なんです。地元っ子の特権じゃないですが、

「盛り付けやお皿も料理の一部」という、大切な私の考えです。

これだけ素晴らしい北の味覚、皿や包装にもセンスが大切だと思います。

本当はまだまだ紹介したいお店やテイクアウト、出前など沢山あるのですが、

私自身も出来るだけ不要不急の外出はしなく、仕事一筋な人間ですので、

このコロナが落ち着く来年の秋・冬(勝手な想定)には色々出向きたいです。

今はランチタイムも取れない毎日。高速SAでの10分が本当に大切な栄養補給

地元で仕事が壊滅的な状況を克服すべく、40キロ離れたエリアまでずっと外勤

本当に大変なシフトですが、現場仕事も請け負うことができました。

これから1週間連続での地方現場給油です。

おそらく気づけばクリスマス、そして大晦日となりそうですが、

本年度末、最後のススキノ飲食での一献はしたいものです。

ススキノの後輩が身に着けていたアップルウオッチ。

「ちょうだい」と言ったらくれました。ススキノは良い街です♪

私は「仕事の神様」と「良い仲間」にいつも恵まれております。

本当に有難いことです。大切にします。ありがとう。

師走な僕

気づけば今年も残り25日。こんな時代でも大晦日が節目の決算。

この10年、緩やかではあるが、歴代の繰欠や原価償却などで内部留保を蓄え、

かなり体力的にも強い店として、進んできただけに、今年は本当に残念です。

しかしながら、大幅な経営方針修正と投資切りによって何とかクリアを目指す。

残り25日、そういえばクリスマスもあるんですねぇ。

今年は出張も旅行もできなかったので、ずーっと札幌圏内にいた気がします。

登山、ジョギング、130日断酒などで心身リフレッシュを図った年でした。

1クール(7・8・9月)目を100%断酒。見事に達成しました。

2クール(10・11・12月)目も、と思いましたが、

お酒を飲まないで運動量が多いと気づけば15kgも体重が落ちてしまい、

顔もあまりにもキリっとしてしまい、人が近寄りがたくなってしまいまして、

最近は運動量を少し減らし、外に出た時くらいは嗜む程度に改善。

それでも、基本は「飲まない」で行こうと思います。

その方が、全てにおいてよろしい。 酒の害は本当に多いですから。

そんな私ですが、皆さんがあまりにもススキノを敬遠するので、

誰もいないお店に、店主と世間話をするのが大変楽しみになってます。

現在のススキノは、というか地元なので、自分の行く店しかわかりませんが、

全く心配なく安全です。地方の混んでるお店や、スーパーや銭湯のほうが危険。

ニュースや行政の話の通りに行動したり、過度に神経質になりバランスを崩す。

自粛で右へならえの感じは本当に嫌で、私は自分で決めて自分で行動します。

言わば、自分が「ルール」ですし、自分がやりたいからやるのが自然なのです。

勿論、一人やペア行動くらいしかないし、リスクのある店は全く行かないです。

そう言っても、日々仕事があるので、長居もしませんし。

というよりも、灯油配達やガス検査や販売なので日々、大勢の方々とお取引を

するので、仕事後は必ず入浴し、清潔を保って、飲食店にお邪魔してます。

案外、夜の街ススキノの飲食店よりも自分を含め、一般市民のほうが危険かも。

そんな思いやりと心構えで、楽しく日々を過ごす毎日です。

そんな私に神様、仏様からのプレゼントが! すすきのクーポン券です。

5000円!? メチャ高額な当選クーポンですね。ありがとうございます。

更に、ススキノのお寿司屋さんの店長から娘にギターを1本いただきました。

これで楽しい練習会ができそうです。上手くなったら、一緒にセッションでも。

そんなこんなで残り25日、モリモリ仕事して、適度にリフレッシュしますね。

そして、月末大晦日には、笑顔で2020年を終えたいと思います。

虎視眈々

自分にとっても非常に窮屈で大変な年となった2020年。

好きなことばかりが制限され、積み重ねて作り上げてきたものが破壊され、

仕事も生活も心身も、全て今までのようにはいかず、変化を余儀なくされた年。

仲間とワイワイするのが大好きだった自分が、まさか一人で登山し、炊事まで。

虫が嫌いなんて言ってられない。好きな運動もできる。マスクも外せる。

これまでの経験を自分自身、どう活かすかを試されるような日々だ。

今まで当たり前だった事が無理となった現在、仕事も生活も臨機応変が大切。

出来ないことを「我慢」と捉えるか、新しい「体験」と捉えるかでかなり違う。

こんな中でも向上心かつ前向きさで、人間力の成長を臨みたいものだ。

繁忙期に入ったが、今年はやはり苦悩は多い。

嵐やエグザイルといった札幌ドームでのイベント灯油も無く、

他のイベントガスレンタルもほとんどない。

それに加え、飲食店の業務用ガスや灯油配達が激減。

飲食・イベント・ススキノからの需要は見込めないと判断した。

今回は地方の現場。多少エリアを広げ、マイナス分を補う形で構想を練った。

そして巣ごもり生活が多い今シーズン、家庭での灯油やガスの使用量は増大。

今年は新規ユーザーからの問い合わせや注文も多く、ここを重点的に考える。

各それぞれから少しずつの需要の積み重ねで。「塵も積もれば山となる」作戦。

忘年会・新年会も消えた今シーズン、地元「我が街」ススキノは死んだ街に。

今回も飲食店は60万、30万と行政からの保護手当を受けるが、

それは良いとして、どうして飲食店だけなのかは本当に疑問だ。

そこに灯油や炭を収める燃料店、酒屋、おしぼり、花屋、掃除、食材・・・。

何の援助もなく、死活問題な業種も沢山ある。不平等な違和感は本当に感じる。

まあ、他力本願が見込めない「全ての結果と責任は自分次第」な方がタフだが。

時代、流行、志向、需要の変化で淘汰され、消える業種や店はいつも世もある。

そんななか、生活エネルギーの供給会社である弊社は地味だが、本当に有難い。

今は大幅に縮小した投資分を未来の良い時期を虎視眈々と狙っている。

それにしても「ススキノ差別」は本当に酷い。

ススキノで働いているだけで敬遠される。私のような地元民であっても同じ。

近所の温泉、居酒屋での食事は地元民にとって生活のリズムでもあるのだ。

みんな何処かに「責任」を押し付けたいところがあり、現在格好の餌食となる。

でも、大人がそんな考えだと、子どもまでイジメが始まるよ。

「ママは水商売なの?ススキノで働いてるからコロナ広げる悪い人なの?」と。

自分に300億くらいあれば、多少は良いエリアに変えられる気もするが、

・・・そういえば、地元の議員って静かだが、何か役立ってるの?

そう考えると、自分の業界団体も相変わらず何の役にも立ってない。

やはり、人に期待しててもダメ。自分自身で頑張らなくては!

こんな時だから、丸3年使用したPCを入れ替え。

デスクトップ2台、パッド、スマホと、今ではPC関連なしでは仕事不可能。

店はクレジットカードやペイペイなどでキャッシュレス決済が普通になった。

燃料店でも、WEBホームページは勿論、やり取りはメールが基本。

2050年脱炭素社会に向けて、廃業同業者は増えるが、

まだまだ飛躍する可能性満載な弊社。オンリーワン的ポジティブ思考で。

来年のカレンダーも良い仕上がり。行雲流水・・・そんな自分と会社に。

いやいや、こだわりも持ちながら、流行に乗るというより流行を作る。

大変な世の中だからこそ、自分が試される。

試練に打ち勝て! 苦難にワクワクしよう! どんな時でも笑顔で!!